【仰天】世界各地「二日酔いに効く」とされる食べものが、あまりにデンジャラス

やっぱ世界は広い!つい、こう言いたくなるような話題です。

日本では、二日酔いの朝といえば「しじみの味噌汁」や「梅干し」が代表的。では、世界中の人たちはどんな食事で“酔い覚まし”をしていると思います?イギリスの旅行代理店「Cheapflight」が、ご丁寧にもインフォグラフィックにして紹介しているんですが…。信ぴょう性?それは現地で酔狂した翌朝、ご自身でお試しくださいとしか(笑)。


01.
朝から“ずっしり”
英式ブレックファースト
(イギリス)

ベーコン、卵、ソーセージ、マッシュルーム、トマトにトースト。お好みでベイクドビーンズをどうぞ!ってこれ、典型的な英式ブレックファーストではないですか?

通称「Fry Up(油でしっかり炒めたメニュー)」に含まれる、たっぷりのプロテイン、脂質、塩分が弱った肝機能をカバーし、電解質を補充する効果が期待できるようで、朝からヘビーな食事が良いとされているようです。

それを裏付けるようにして、2009年、ニューキャッスル大学は、「ベーコンサンドイッチ」が二日酔い対策に効果的という発表をしています。

02.
牛のお◯ん◯ん
ジャーキーですっ!
(イタリア)

どうやら、イタリアでもシチリア島に限られた話のようですが、牛のペニスをビーフジャーキー状に乾燥させたものをかじるのが良しとされているんだとか。

でも、プロテイン、ホルモン、ビタミン、さらにはミネラルと、二日酔いでぐでった体に“喝”を入れる栄養素は満点。なんでも、2008年に開催された北京オリンピクにも、スタミナ源として補給されたとか。

03.
草原の民のスタミナ源?
羊の眼球入りトマトジュース
(モンゴル)

隣国ロシアやカザフスタン同様、ウォッカの消費量が多いモンゴル。酔いがまわるほど、ストレートでウォッカをあおる人々の翌朝のとっておきがコレ!?羊の目は酢漬けになったものが使われるらしいのですが…。

04.
映画『ロッキー』感覚でどうぞ!
卵黄のウスターソース漬け
(アメリカ)

用意するのは、トマトジュースに生卵1つ、大さじ1杯のウスターソース、塩、コショウ少々、そしてタバスコ2滴。これが、典型的なアメリカの酔い冷ましカクテル「プレイリーオイスター」だそう。

やはりここでもトマトジュース、ビタミンCと卵のプロテインが弱った肝臓に進陶するんだとか。

05.
帝国パワーの源?
カナリアの唐揚げ
(古代ローマ)

プロテイン、炭水化物、脂質が血糖値を上昇させて脂肪酸レベルを整える。これでたちどころに胃のむかつきが改善されていくというのですが、なんだかお酒が進んでしまいそうなメニューですよね。

06.
出たっ!破壊力抜群
孵化直前のあひるの卵
(フィリピン)

フィリピンでは珍味として知られるバロット。ですが…なぜに朝のタイミング?と、ツッコミを入れたくなりません?二日酔い状態で目の前に出されたら、思わずもよおしてしまいそう。

でも、これが弱った肝臓を補うというんだから。

07.
酒には酒!?
クリームたっぷりカクテル
(ナミビア)

生クリームにクロテッドクリーム混ぜ、さらにクリームリキュール、そしてラム。飲んだ翌朝にまだ飲むの?という気もしますが、これがナミビアでは良しとされているみたい。

08.
爽やかライム&レモン
魚のアラのスープ
(ペルー)

この中にあると、最もまともな(=抵抗感のない)メニューに思えるのがこちら。魚のアラ汁にライム、レモンを絞って、ニンニクとショウガを加えたペルーのスープ。アルコールの分解を助長する働きがあるんだそう。

09.
ミートパイとチョコ
組み合わせが妙味?
(ニュージーランド)

ひき肉とチーズの香ばしいパイに合わせるのは、ミルクチョコレート。体内のアルコールを分解していくのに必要なタウリンとシステインをバランス良く摂れるうえ、肝臓のデトックスにも効果ありだとか。

10.
エナジードリンクで
ソーセージを茹でるって…
(スコットランド)

スコットランド生まれの元気ハツラツ系、エナジードリンクといえば「Irn-Bru(アイアンブルー)」。お湯の代わりにこれでソーセージをボイルするって、いったいどこまで本気なの?アルコールによる血流を正常に戻す働きはあるんじゃないかと。

11.
羊の肺とフクロウの卵
(古代ギリシャ)

ギリシャ人たちが食していたであろう二日酔いのメニューがこれなんだそう。でも、これをどう調理していたかまでは不明のようです。

12.
スズメのおしっこで
ブランデーに風味付け!?
(ハンガリー)

もうここまでくると、誰か試した人がいるかは想像にお任せします。ほとんど都市伝説レベルなんでしょうけど。はたして、どうしてスズメのおしっこが効果アリという発想になるのか…。

Licensed material used with permission by Cheapflights
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
欧米メディアで今年大注目の「ターメリックミルク」。肝臓に良いとされているウコンの粉を練ってつくるわけだから、当然お酒を飲む前後に飲むことで二日酔いの予防に...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
海外では、体に貼るだけでいい「2日酔い防止製品」が話題なようです。お酒の席が増えるほど何らかの防止策が必須とはいえ、毎回ドリンクや粉末・錠剤を飲み込むのっ...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
夏にビーチサイドでマルガリータを飲める日を待ちわびている皆様、もうその日は到来しない…かも。