「超遠距離カップル」が、世界のあちこちで愛を叫ぶ。

遠距離恋愛の中でも国をまたぐものは会いに行くのも一苦労。時差もあるしでなかなか大変です。でもそんな苦悩を逆に楽しみ、見事ゴールインしたのがこちらのカップル。アメリカのペンシルヴァニア出身のRobさんと、フィリピンのマニラ出身のJoliさんなのです。

ペンシルヴァニアとマニラといえば、約13,500kmも離れている地球のあっち側とこっち側。それでも会いたい二人は、「じゃあいっそのこと、世界各国で落ち合おう!」ということでこの旅行を始めたのだそう。毎回同じポーズのキスショットである点にもご注目。わたしも日本と旧ソ連圏で遠距離をしていたことがあるのですが、この発想を実際にやってしまう行動力には脱帽です。

リスボン/ポルトガル

ベレンの塔の前で熱いキス!

ボラカイ島/フィリピン

Joliさんの母国で、美しい夕日と。

モスクワ/ロシア

ワシントンD.C./アメリカ

桜祭りで再会。

ドバイ/アラブ首長国連邦

アルバカーキ/アメリカ

熱気球祭りがさらに熱くなる。

ミラノ/イタリア

バルセロナ/スペイン

ガウディの作品とともに。

ペンシルベニア/アメリカ

そしてついに2017年7月、Robさんの出身地でふたりは夫婦に。ここでもおきまりのポーズを披露しました。

旅行が大好きな彼ら。結婚して一緒に暮らし始めた後も、大胆かつロマンティックな写真を世界各地で撮りを続けて行くつもりなのだそう。何十年後も変わらない二人の姿を見るのが楽しみですね。

ちなみに日本にも…

いらっしゃってます。なぜ旅館の中なのかはともかく、浴衣まで楽しんでくださったようで嬉しい限り。

私たちは長い間、たくさんの旅に一緒に出てきました。是非とも皆さんにも、私たちの活動に参加してほしいのです。

ふたりはオフィシャルサイトでこのように語っています。国際遠距離恋愛に悩める皆さん。逆に遠距離の苦難を逆手にとって、たまにはこんな思い切った楽しみ方をしてみては?

Licensed material used with permission by Dipkiss Travels(Official Blog), (Facebook), (Instagram)

関連する記事

長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
遠距離カップルの日常をイラストと共にご紹介。
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
ふと思いました。遠距離恋愛のハードルって、以前と比較するとかなり下がったんじゃないかなあと。通話料金を気にしながら顔も見えないパートナーと話していたのは、...
今ではスマホもあるし、電話やメッセージでたくさんやりとりできる。でも、お互いに触れ合うことだけはできない「遠距離恋愛」。時間や体験を共有できないつらさに耐...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
すぐには会えないもどかしさを、何度も何度も乗り越えているはずのふたり。2018年は少しだけ、今より近く感じられるように。遠距離カップルに向けて、3つのアイ...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
クリスマスの夜、会いたくても会えない人たちのためにーー。東京と大阪。約400kmもの距離を1つのテーブルでつなぐ“特別なレストラン”が、期間限定で開店しま...
「思いを告げる前に好きな人が引っ越してしまった」「一目惚れした人が遠方住みだった」などの理由で、片思いなのに遠距離恋愛になってしまったという方もいらっしゃ...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...