「寂しいときに開けてね」。遠距離恋愛中の彼女が置いていったメッセージ

遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに救われるでしょう。

ミネソタ出身のグラフィックデザイナーMikki Millerさんは、カナダのブリティッシュコロンビア出身の恋人Tyson Noëlさんに、素敵なサプライズを用意したのです。

寂しくなったら
サイドテーブルの下を見て。

Mikkiさんは年明けにTysonさんの家を訪れた際、こっそりブリーフケースを隠して帰りました。そして数日後、こんなメッセージを送ります。

もしあなたが仕事に疲れて帰ってきて、私を抱きしめたいって思ったとき。あなたが寂しいのに、私がそばにいられないとき。

サイドテーブルの三脚を動かして、その下を見てみてね。

そこには、たくさんの封筒とプレゼント。ひとつひとつ「こんなときに中を見てね」とメッセージが添えられています。

彼の日常にそっと寄り添う
「彼女のコトバ」

遠距離に疲れたら、この封筒を開けてね。

思い出が欲しくなったら、これを開けてね。

面白いことで笑いたいって感じたら、これを開けてね。

カナダに帰りたくなったら、これを開けてね。

わたしにイライラしたときに開けてね。

あなたが不運だったり、何かに失望してしまったら、これを開けてね。

甘いものがほしくなったら開けてね!

病気で寝込んでいるときに開けてね。

本っ当にくだらない冗談が見たくなったら開けてね。

最悪な1日を過ごしたときに開けてね。

最高のキスがほしくなったら開けてね。

ひとりぼっちのような気持ちになったら、これを開けてね。

下ネタが聞きたくなったら、これを開けてね。

ウキウキした気分のとき、これを開けてね!

ベッドからわたしの匂いが消えたら、開けてね。

 たくさんの封筒の中に、いったい何が入っていたのか…それはふたりだけのヒミツ。

そして、遠距離恋愛を
乗り越えて…

ふたりは工夫と慈愛に満ちた遠距離恋愛の期間を経て、2017年の5月6日に結婚したそうです。MikkiさんがTysonさんに残したプレゼントは、これから先も大切な思い出になりそうですね。

末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by Mikki Miller
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
今ではスマホもあるし、電話やメッセージでたくさんやりとりできる。でも、お互いに触れ合うことだけはできない「遠距離恋愛」。時間や体験を共有できないつらさに耐...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
ふと思いました。遠距離恋愛のハードルって、以前と比較するとかなり下がったんじゃないかなあと。通話料金を気にしながら顔も見えないパートナーと話していたのは、...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「思いを告げる前に好きな人が引っ越してしまった」「一目惚れした人が遠方住みだった」などの理由で、片思いなのに遠距離恋愛になってしまったという方もいらっしゃ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...