フォロワー数400万人。リア充カップルの旅を写した、あの「Follow Me To」の舞台裏

ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すでにフォロワー数400万人を突破した、超人気シリーズだ。どこかで一度は目にしているあのバックショットが、どのように撮影されているか、そのメイキングともいえる映像が公開された。

「私についてきて」は、
こうして撮影されていた!

Dc9b023fc6d93a054f38077d07ad47eea8afaedd62ed7f45a14fb64043346fba16f541c1d983cb95

メイキング映像は、インド旅行での撮影風景を収めたもの。まずやって来たのは、デリーの中心部。ロケバスの中で着替え、スタッフからメイクを施されていくNatalyさん。さながらモデルのロケ撮影のよう。「Follow Me To」といえば、各地に合わせたゴージャスな衣装が見どころ。どうやらこれも、スタイリストが事前に用意している様子。

Bfc7b007cae80957368cc9ca6f6a6833278f969b

ロケバスを降りると……民族衣装に着飾った異邦人に、興味津々のインドの人々。

Ad856a5d4c2e4b342733113575e5e0cebb067c16

こちらがカメラマンであり、夫のMuradさん。あれ、意外にラフな格好。着飾っているのは写真に映るNatalyさんだけ?

72dfb77e357a1fbf35b1218a860745359f273f2a

「今度はもう少し手を上げて」、と細かく指示を出しながら構図を決めていくMuradさん。

2c0c66999eae28ad9d82a07ec367b8fe6f4b257b

別の場所でも。物珍しさにどんどんと人が集まっていく。また、予定していた場所からの撮影ができない、といったこともしばしばのようで、臨機応変な対応も必要そう。現地コーディネーターらしき人物の奮闘ぶりがうかがえる。

完成写真から感じられるあの“ゆとり”は、ここまでのところ撮影風景からは見えてこない。なかなか大変そう。

23cfcce7c787ae68275e5d055e97956c91879c8c

それでも、カメラに収まったNatalyさんの美しい後ろ姿がInstagramにアップされると、撮影時のドタバタ感はウソのように消えてなくなる。

「Follow Me To(さあ、行こう!)」

あの“リア充”感にじみ出る旅先の写真が、こうも周到に準備され、撮影されているとは意外?それともさもありなん?いづれにしても、ふと旅情を掻き立てられ、つい彼女の左手に手を伸ばしたくなる男性も多かったりして。

ここからは、Follow Me Toの世界を存分に。Natalyさんのドレッシーな衣装にも注目しながら……Bon Voyage!

121d6d27c7459b57311731b77db69a92aee8efc09c38c436fe15af7bf8775583d838e9dab702a79eE712bdb335271ec271ea480dd8392450c20ecbb5289c19e9d13b06e975141c34ebf3de83dbd109310490f334c7aba7bef2c1608b35d27c7661500a081967124293606dfdf6baca379e8314fb02779714C5ec319ac5cc36cb28080d7a8a835cea62359110Dfb1c176a1d269ef65879cf1ca3e0ce01a59d68f4ba994674ac49717a86e62e9dfe0f9b04062ca16Bf3b0fff3bd636f27e496274d088cbe84c30fdadAe13e8039fd98abb2049fc8fcd60a8e426a7183d6f76a318a5e041059e4aea4bb531dcfe718448495bd19b18b4c38afb4403878419b3f778f35cfa46C9d9ca246f668d827bafba4b6a99ed4eb1e9b60f23e480df0ab9b20947670dcf6cea105becd0ebd4351b3cf71684fed42d0c944d869058a79e233be0967e109d9a8daada86e7d07c962f361cc680700b
Licensed material used with permission by Follow Me To Travel
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
恋人がいれば「リア充」なんてカテゴライズされるのもおかしいし、ひとりでも自立して幸せに過ごしている人たちが、クリスマスやバレンタインで肩身の狭い思にさせら...
「一度はこんなところに行ってみたい!」思わずそう唸ってしまうような、美しい写真の数々。リトアニアで生まれたカロリナ・ヴァレイカイテさんは、ボーイフレンドの...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
リゾート地でよく見かけるハンモック。木と木の間にセッティングされたソレは、まさに非日常の代名詞。本を読むも良し、ビールを飲むも良し、もちろん何もせずただ眠...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。