ポートランド発、プロの添い寝ビジネス「Cuddle Up To Me」

ポートランド発のプロの添い寝ビジネス「Cuddle Up To Me」。

webページからは、予約だけでなくお気に入りのスタッフを選ぶこともできます。当日はベッドの上で抱きしめてもらったり、髪をなでてもらったり、話を聞いてもらったり……決していかがわしいサービスではありません。

「Cuddle Up To Me」を設立したSamantha Hessさんの母親はDV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者でした。幼少時、精神的にも身体的にもボロボロになっていく母親を見てとても傷ついたといいます。

大人になったSamanthaさんは、20歳で高校時代の同級生と結婚。しかし、パートナーは彼女に「触れてこようともしなかった」そうです。それがきっかけで離婚。さらに、20代半ばで自動車事故に巻き込まれ、その後遺症にも悩まされてきたとか。

そんな人生経験を通して、誰かに触れてもらうことの重要性に気づいた彼女は、2013年に添い寝サービスをスタート。

1セッションは15分〜5時間。通常であれば1時間あたり60ドルですが、経験を積んだベテランに添い寝して欲しい場合は、80ドルかかるとのこと。

現在は、ポートランドでのみ展開されています。

Reference: Cuddle Up To Me
Top image: © Cuddle Up To Me

60秒以内で読める記事だけ。
世界の今を知るなら「World Topics」!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
ロサンゼルスの「Cuddle Sanctuary」は、ストレスの多い現代社会に癒しとつながりをもたらすサービスとしてハグイベントを実施。そこで、トレーニン...
ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すで...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
全身が毛むくじゃらのこの生き物。なにやら不思議な形のスーツケースを所持し、都内を逃げ回っているのだとか。名前はオドナロデュード。アメリカのオレゴン州ポート...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...