ポートランド発、プロの添い寝ビジネス「Cuddle Up To Me」

ポートランド発のプロの添い寝ビジネス「Cuddle Up To Me」。

webページからは、予約だけでなくお気に入りのスタッフを選ぶこともできます。当日はベッドの上で抱きしめてもらったり、髪をなでてもらったり、話を聞いてもらったり……決していかがわしいサービスではありません。

「Cuddle Up To Me」を設立したSamantha Hessさんの母親はDV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者でした。幼少時、精神的にも身体的にもボロボロになっていく母親を見てとても傷ついたといいます。

大人になったSamanthaさんは、20歳で高校時代の同級生と結婚。しかし、パートナーは彼女に「触れてこようともしなかった」そうです。それがきっかけで離婚。さらに、20代半ばで自動車事故に巻き込まれ、その後遺症にも悩まされてきたとか。

そんな人生経験を通して、誰かに触れてもらうことの重要性に気づいた彼女は、2013年に添い寝サービスをスタート。

1セッションは15分〜5時間。通常であれば1時間あたり60ドルですが、経験を積んだベテランに添い寝して欲しい場合は、80ドルかかるとのこと。

現在は、ポートランドでのみ展開されています。

Reference: Cuddle Up To Me
Top image: © Cuddle Up To Me
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
ロサンゼルスの「Cuddle Sanctuary」は、ストレスの多い現代社会に癒しとつながりをもたらすサービスとしてハグイベントを実施。そこで、トレーニン...
ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すで...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...