産業遺産マニアも唸る、新潟「佐渡島」の魅力とは

佐渡といえば国内最大級の金銀山で知られていますが、実は多くの産業遺産が街中に集中していて、いずれもすぐ近くにあることも魅力なんです。

半日歩くだけでも色々な遺産が見られるし、満足度の高い旅ができそうです。建築好きや廃墟・産業遺産マニアも唸る、そのワケとは?

まずはマップを。

赤いピンは、産業遺産「北沢浮遊選鉱場」や「大間港」、その他、博物館や美術館などの場所を示していて、地図の中心から半径約1km圏内に集まっていることがわかります。歩いて回れることが一目瞭然です。「佐渡金銀山」へもバスで気軽にアクセスできますね。

あっちにもこっちにも
「産業遺産」

佐渡銀金山の歴史は古く、1600年代初頭までさかのぼります。江戸時代から日本最大の金採掘地として繁栄。そして明治以降は機械化と近代化が進みました。

このため、山からも近いこのエリアに産業遺産がいくつも作られたんですね。

こちらが「北沢浮遊選鉱場」。昭和11年に工場建設がはじまり、その後大増産計画などを経て完成しました。1ヶ月で50,000トン以上の鉱石を処理でき、当時は「東洋一」とうたわれました。

これが「北沢浮遊選鉱場」の隣にある「シックナー」

水と不純物を分離して、工場用水を確保する施設でした。その規模は直径50メートルあり、こちらも国内最大規模だったとか。遺跡のようなフォルムもいいですよね。

続いて、明治10年に完成した日本最初の西洋式立坑(垂直坑道)「大立竪坑」。これは地表から坑内へ人や物を運ぶための地下エレベーターで、最終深度は352m。

それぞれのスポットからスポットへ行く際の「通り」も、昔ながらの家屋が軒を連ねていたり、レトロ塀が寄り添っていたり、懐かしい雰囲気に包まれています。次の旅行先の候補にも、ぜひ「佐渡」を。

Licensed material used with permission by 佐渡観光協会
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...