「焼き飯」「チャーハン」「ピラフ」の違いとは?

世の中には、たくさんの「似ているけれど異なるもの」があります。例えば「焼き飯」と「チャーハン」と「ピラフ」。
この3つは食べる機会が多いだけに、その違いについて気になっている人も多いのではないでしょうか。

1.料理の主材料であるお米の調理方の違い

SONY DSC

焼き飯、チャーハン、およびピラフを作るときの主材料のお米を、炊きあげてから調理に使うのか、生のお米の状態から調理するか、という点で大きな違いがあります。
炊きあげたお米を調理に使うのが焼き飯とチャーハンです。
生のお米を炒めてからスープで調理して作るのがピラフです。
つまり、焼き飯とチャーハンは炊きあげたお米を炒めて作る料理で、ピラフは生のお米をスープで味を付け、具材を入れて炊いて作る料理という明確な違いがあります。

2.焼き飯とチャーハンは、卵を入れる順番の違い

焼き飯とチャーハンの違いは、卵の調理方法の違いとされています。
中華料理では、卵とご飯を炒めてから具材を入れてチャーハンを作ります。
一方、焼き飯では、ご飯を炒めてから卵、具材を入れて作るのが一般的です。
そのため、チャーハンには卵が必ず入りますが、焼き飯では、卵を入れないで作られることもあります。

3.チャーハンと焼き飯は、料理を提供する飲食店の違い

料理を提供するお店の違い

調理の方法ではなく、チャーハンと焼き飯の違いには、料理が提供される飲食店にも違いがあります。
中華料理店では、チャーハンとして提供されますが、中華料理を専門としていない料理店は、名称を焼き飯として提供するのが一般的だそうです。
そのため、中華料理専門店以外では、作り方がチャーハンの作り方であっても焼き飯として提供されることがあります。
中華料理専門店ではなく喫茶店などでは、焼き飯やチャーハンよりピラフを提供しているところが多いようです。

4.チャーハン、焼き飯、ピラフの調味料の違い

3つの料理はそれぞれ使用する調味料にも違いがあります。
チャーハンは醤油やごま油等と使用しますが、焼き飯はオイスターソースや和風だしを使用します、ピラフはバターやブイヨン等、洋風の調味料を多く使用します。

5.焼き飯とチャーハンとピラフのルーツの料理とは

_133342208

焼き飯とチャーハンとピラフの起源となった料理は、定説としてインド料理の「プラーカ」とされています。
このプラーカが、西方のウズベキスタンやトルコを経由してヨーロッパのフランスに伝わり、ピラフという料理が生まれました。

一方、プラーカが東方の中国に伝わると、チャーハンとなり中国を経由して日本に伝わり焼き飯という料理に変化しました。
このように、焼き飯とチャーハンとピラフの起源は同じと考えられ、良く似た料理となっています。

なお、ピラフは、スペインに伝わりパエリアとなって、イタリアに伝わりリゾットという料理へ変化していったと考えられています。
日本でも、焼き飯以外に炊き込みご飯もあり、具材とともにお米を煮込む点で共通する調理方法です。

焼き飯とチャーハンとピラフの基本的な調理方法による相違点と、起源となった料理について紹介しました。現代のように便利な情報伝達手段がなかった時代に伝わっていった調理方法は、地域の特色を取り入ながら、世界各国の風土にあった料理に変化していったことがわかります。

普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなりますよね。これらのポイントを抑えれば、簡単にパラパラになりますよ!
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
チャーハンの失敗のほとんどは、べちゃっとなっちゃうこと。これをどう防ぐか。ポイントは、①冷ご飯を使う②徹底的に火を入れる③味つけは最後に。このあたりですね...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
調理法はほとんど同じ…。そもそも、この2つの違いってなんなの?!
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!