ワイナリーで挙式。米リゾート・ウェディングの新トレンド

メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいですし、実際にそれがつくられる場所へ訪れるならば、文字通りそこにしかない一瞬を味わえるはず。

もし、屋外での挙式に興味はあるけれど、あまり労力をかけたくないのであれば、ワイナリー・ウェディングをオススメします。結婚式を挙げるのにふさわしい多くの豪華なロケーションがあり、まるでおとぎ話のように美しい景観を楽しめるはずだから。

42f8c64343284a161b0c88b29ced7b814e3bb88e

ぶどう畑は、1つ1つがすべて異なります。なので、あなたが、どこに住んでいて、どこへ旅をしたいかが重要になります。また、ぶどう畑と醸造所が隣接している場所を選ぶようにしましょう。それが近道。

多くのワイン畑は歴史的な背景を持っていますが、あなたが愛を注ぎ、残りの人生を一緒に過ごしたい人と結ばれるのは、それもまた歴史の一部となるのです。もし、かぼちゃの馬車・ガラスの靴・真夜中の時間切れではないオトナのおとぎ話的なウェディング望むのならば、ワイナリーでありったけの幸せを感じてみてください。

こう力説するのは「Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hall。当然、記事で紹介されているのは米国のワイナリーですが、ハネムーンも兼ねてという考え方もできますし。ある意味、一石二鳥かも。では、Jasmineがセレクトした8つのワイナリーを紹介していきましょう。

#1 
ブルックリン・ワイナリー
(ニューヨーク州ブルックリン)

素朴な外観は、近しい友人たちや家族と親密なウェディングを望んでいる、のんびり屋さんのカップルには完璧なロケーションです。染色された木材は、信じられないほどに美しくテーブルにセッティングされたキャンドルと共に、本当にロマンティックな雰囲気を醸し出しています。シンプル、上品、優雅さがポイントです。

#2
ケズウィック・ヴィンヤーズ
(バージニア州ケズウィック)

白亜の豪邸をバックに挙式するのはいかがでしょうか。信じられないくらいにドラマティックであり、あなたの望んだように通路をデコレーションをする機会に溢れています。あなたのアウトドアでのウェディングアイディアを実現する、究極のロケーションといえるでしょう。

#3
チョーク・ヒル・エステート
(カリフォルニア州ヒールズバーグ)

ここは、まるで夢から続いているような場所。贅沢なロングテーブル、おしゃれな椅子を好きじゃない人なんていませんよね。あなたとあなたの王子様(もしくは、お姫様)にとっては、理想的な空間です。

#4
ヤングバーグ・ヒル
(オレゴン州マックミンヴィル)

この空中からの眺めは、あなたがぶどう畑でウェディングを計画したいと思っている気持ちに火をつけてくれるでしょう。スペースが増えれば、忘れられないウェディング写真を撮る機会も増えるのです。素晴らしいワイン、壮大な景色、最高の仲間たち…これ以上、何を望みますか?

#5
ウルフ・マウンテン・ヴィンヤード
(ジョージア州ダロネガ)

こちらの空からの眺めは、息を飲んでしまいます。夢のまた夢のようなウェディングは、こんな場所で叶えましょう。ああ、美しい自然に癒されましょう。

#6
ベデル・セラーズ
(ニューヨーク州カチョーグ)

どんな花嫁もこの可愛らしいロケーションでは、純白にジェラシーを感じることもないでしょう。木製の椅子とフラワーデコレーションによって、あなたは、おとぎ話の中で食事をしているように見えるはずです。お姫様、ワクワクしませんか?

#7
ストーン・タワー・ワイナリー
(バージニア州リーズバーグ)

OK、ここは平均的な場所ではありませんが、ユニークで思い出深い特別な日を過ごすにはぴったりだとは思いませんか。この趣のある魅力的な環境は、特別な関係を築くにはパーフェクト。ワインのタンクルームで結婚したことがあるカップルなんて、珍しいですよね。

#8
ビルトモア・カンパニー
(ノースカロライナ州アッシュビル)

お城はイヤ?皇族のようにこの場所を出入りする以外に、あなたに選択肢はありません。もし、あなたがここで結婚しないというなら、私がします!(願望)ワインを探求することで、魔法の味がするウェディングをあなた自身に与えてみてはいかがでしょう。一口か二口で魔法にかかれるはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
挙式の日程も決まり、衣装も決まり、とうとうハネムーンスポット選びの段階に。一生に一度しかないハネムーンだからこそ、普通の旅行とはひと味ちがう特別な時間を過...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...