「バンクシー」風の作品を生み出す「AI」が誕生

「GANksy」の特徴は、バンクシーが手がけるような雰囲気のある作品をつくれること。その正体は、ふたつのニューラルネットワークを競わせてデータ学習を深めていく「GAN」を搭載するAIだ。

©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf

このAIを生み出したMatt Round氏によれば、ストリートアートの写真をすべて取り込むことで、同じようなテイストの作品を生み出せるようになったという(著作権の関係上、アーティスト名は明らかにしていない)。メッセージ性はないながらも、どこか“らしさ”を感じさせることを考えると、納得ができるだろう。

ちなみに、「GANksy」の作品は購入も可能。最初の作品は1ポンド(約138円)だったが、その後、一枚売れるたびに1ポンド増える値段設定になっているようだ。11月10日現在は125ポンド(約1万7000円)

購入したい人がいたらコチラから。

Top image: © 2020 VOLE.wtf
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
15日、覆面アーティストのバンクシーが新たな制作動画をInstagramにて公開。舞台はロンドンの地下鉄。清掃員に扮したバンクシーはさっそうと電車内に乗り...
バンクシー本人をとらえた超貴重な作品集の第二弾「BANKSY CAPTURED Vol.2」が、今月13日(日)まで先行予約販売を受付中。作品がゲットでき...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
覆面アーティストのバンクシーが新作を発表。頭にスカーフを巻いたおばあさんが大きなくしゃみをする姿を描いたグラフィティが、公式Instagramに投稿された。
覆面アーティスト・バンクシーのアーカイブ作品がグッズに!2月4日(木)まで伊勢丹新宿5階のイベントスペースにてポップアップストアが開催中。
Banksy(バンクシー)がかねてより力を入れていた人道支援を強化するべく、ボートを購入したことを明らかにした。
Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を...
昨年10月のコンテストで建築スタジオ「ABIBOO」が発表した火星都市の構想は、長年の人類の夢を大きく前進させそうだ。
6月7日、覆面アーティストのバンクシーが自身のInstagram上で新作を公開。「Black Lives Matter」への想いをアートと自身の言葉で綴っ...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
注目を集めるAIロボット「ソフィア」が、今度は話題のNFTアートのシーンでもその名をとどろかせた。なんと「ソフィア」が制作したデジタルアートがオークション...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
ライフスタイルブランド「COLONY 2139」が、覆面アーティスト「BANKSY」のアートフォトを手掛ける英国「Full Color Black」社によ...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!