「バンクシー」風の作品を生み出す「AI」が誕生

「GANksy」の特徴は、バンクシーが手がけるような雰囲気のある作品をつくれること。その正体は、ふたつのニューラルネットワークを競わせてデータ学習を深めていく「GAN」を搭載するAIだ。

©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf

このAIを生み出したMatt Round氏によれば、ストリートアートの写真をすべて取り込むことで、同じようなテイストの作品を生み出せるようになったという(著作権の関係上、アーティスト名は明らかにしていない)。メッセージ性はないながらも、どこか“らしさ”を感じさせることを考えると、納得ができるだろう。

ちなみに、「GANksy」の作品は購入も可能。最初の作品は1ポンド(約138円)だったが、その後、一枚売れるたびに1ポンド増える値段設定になっているようだ。11月10日現在は125ポンド(約1万7000円)

購入したい人がいたらコチラから。

Top image: © 2020 VOLE.wtf
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
15日、覆面アーティストのバンクシーが新たな制作動画をInstagramにて公開。舞台はロンドンの地下鉄。清掃員に扮したバンクシーはさっそうと電車内に乗り...
バンクシー本人をとらえた超貴重な作品集の第二弾「BANKSY CAPTURED Vol.2」が、今月13日(日)まで先行予約販売を受付中。作品がゲットでき...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
覆面アーティストのバンクシーが新作を発表。頭にスカーフを巻いたおばあさんが大きなくしゃみをする姿を描いたグラフィティが、公式Instagramに投稿された。
覆面アーティスト・バンクシーのアーカイブ作品がグッズに!2月4日(木)まで伊勢丹新宿5階のイベントスペースにてポップアップストアが開催中。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...