「バンクシー」風の作品を生み出す「AI」が誕生

「GANksy」の特徴は、バンクシーが手がけるような雰囲気のある作品をつくれること。その正体は、ふたつのニューラルネットワークを競わせてデータ学習を深めていく「GAN」を搭載するAIだ。

©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf
©2020 VOLE.wtf

このAIを生み出したMatt Round氏によれば、ストリートアートの写真をすべて取り込むことで、同じようなテイストの作品を生み出せるようになったという(著作権の関係上、アーティスト名は明らかにしていない)。メッセージ性はないながらも、どこか“らしさ”を感じさせることを考えると、納得ができるだろう。

ちなみに、「GANksy」の作品は購入も可能。最初の作品は1ポンド(約138円)だったが、その後、一枚売れるたびに1ポンド増える値段設定になっているようだ。11月10日現在は125ポンド(約1万7000円)

購入したい人がいたらコチラから。

Top image: © 2020 VOLE.wtf
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事