【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。

環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。

今回、その“現場”に向かったのは、東京都議会議員・塩村あやか氏。彼女のHPに掲載された「活動報告」の内容が、大きな話題になっている模様。記事内には目を覆いたくなるような光景が登場しますので、閲覧にはご注意ください。

無責任な飼い主のせいで、
今日“死んでもらう”ことに

FireShot Capture 1340 - 2015-10-30-09.19.50.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

視察したのは某自治体の施設。この日に処分される予定の犬は10頭。この檻の中で、そのときを待ちます。

FireShot Capture 1341 - 2015-10-30-09.21.23.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

時間になると、職員が水と餌の器を下げるために檻の中へ。すべてが撤去されたことを確認すると、奥の扉が開き、殺処分機へと続く廊下が出現。手前の柵が奥に動き、彼らを追い込みます。

FireShot Capture 1342 - 2015-10-30-09.25.39.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

すべての犬が処分機へ。怯えて震えている犬も。

FireShot Capture 1343 - 2015-10-30-09.27.54.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

二酸化炭素注入のボタンが押されると、犬たちは苦しそうに上を向き、喘ぎ始めます。部屋の空気はどんどん薄くなり、窒息させている状態に。

FireShot Capture 1345 - 2015-10-30-09.28.00.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

苦しさから、少しの間のたうち回り、

FireShot Capture 1347 - 2015-10-30-09.28.05.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

静止。

すべての犬が倒れたあと、確実に致死させるため、扉を閉めたまま約15分ガスの濃度を保ちます。

FireShot Capture 1349 - 2015-10-30-09.48.30.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

中には、口から血を流している犬も。口内を噛み切るほど苦しかったのではないでしょうか。

塩村氏にも「とにかく苦しそうに見えた」そうで、「決して“安楽死”ではない」との記載も。

FireShot Capture 1350 - 2015-10-30-09.51.30.jpg (2448×3264)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

床が開き、数メートル下に音を立てて落下。落ちた先の扉も閉まり、焼却へ。

首輪をしているため、過去には人間と一緒に幸せに暮らしていたはずの犬たち。そんな彼らの最期は、「モノのように、システマチックな処理で終わってしまった」と彼女は表現しています。

FireShot Capture 1351 - 2015-10-30-09.52.09.jpg (3264×2448)_ - http___shiomura-ayaka.com_wp-cont_R

現状を目の当たりにした塩村氏は、「行政殺処分を行わなくても済んでいる国を見習うことが一番」と言及。本質を見抜き、抜本的な施策を展開していく必要性を訴えています。そうでないと、「処分された罪なき命が報われない」と―。

ちなみに彼女は、動画ではないことと、多くの人に現状を知り、命の大切さと重みを考えてもらいたいと、この記事を公開したのだそうです。

Reference:環境省
Licensed material used with permission by 塩村あやか

犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
国産食材使用で人間も食べられるカスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」のInstagramアカウントをフォローするごとに、PETOK...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。