森林セラピーで有名な日南の「猪八重渓谷」は、苔セラピーもすごいんです

宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。

森林セラピーは、森の中を歩きながら、レクリエーションやヨガ・呼吸法などを取り入れた森林浴のことで、ストレスホルモンが減るとか、副交感神経の活動が高まる、なんていう研究結果もあります。

そんな、癒しの森林セラピーも人気ですが、ここでは、一歩先行くコンテンツ「苔セラピー」をご紹介…いや、提案したいと思います。

なんでも、猪八重渓谷には約300種類ものコケがあり、日本でも有数の「コケの宝庫」。そもそも、コケってそんなにたくさん種類があるんですか!

(日本だけでも1,800種類くらいあるらしい)

日南の猪八重渓谷を
コケ博士と200%楽しむ

コケ博士こと、服部植物研究所の所長・片桐知之さんに案内してもらえることになりました。

コケ博士、所長…いったいどんな人がやってくるのかとドキドキしながら駐車場で待っていると、おもむろにやってきた30代くらいの男性が、いきなりルーペを取り出し、グッと身をかがめて道端を覗き始めたんです。

「絶対あの人だ…!」

思っていたより若くて、物腰の柔らかい、でも明らかに “フシギな世界に没頭してます” というオーラをまとった、コケ博士がやってきました。着ている上着もモスグリーン。

551919893558067266375834549616645675301266784256

もちろん自分のペースで散策したり、自然の空気を味わいながら歩くだけでも楽しいんですが、スペシャリストと一緒に歩く山は、いつもの何倍も楽しい!

「あ、これはアラハシラガゴケですね」

「僕たちも、基本的には胞子の形で判断するんです」

「これは、葉っぱの上にだけできる珍しいコケですよ」

「こすってみると、シップみたいな匂いがしませんか?」

「鳳凰のシッポみたいな形をしているから、ホウオウゴケです」

「名前は付けたもん勝ちです。学名として正しく認定されないので」

「僕の専門は、ムクムクゴケです」

「苔ガールですか? 興味を持ってもらえるならどんな形でも嬉しいです」

「イトゴケ、ヒモゴケっていう感じで、太さで呼び方が変わるんですよ」

「日本はまだコケの研究分野では遅れてるんですけど、服部植物研究所は世界で唯一のコケ専門研究所なんです」

1時間ちょっとの間に、何回「へぇ〜」って言っただろう。とくにコケに興味があったわけでもないのに、そのディープさに魅了されました。

しかも、驚くほど空気がきれいな森林を歩きながら。

6486481942085632538498603941888046785574689832965139700591362048

博士の話を聞いたあとだと、いつもなら素通りしてしまうような小道が、宝の山のように見えてくるから不思議です。

5938816435093504

「携帯電話は通じません。日常からの解放を楽しんでください」というメッセージにも納得。

緊急時はこの場所なら通信可能ですよ、という看板を見て、行きは思わずスマホを見てしまったけど、帰りはスルー。だって、博士の話が面白すぎたから!

6412584613838848

黄金色に輝くとも言われる「カクレゴケ」は、この猪八重渓谷で見ることができる絶滅危惧種のひとつ。その名前の通り、博士と一緒に行かないと絶対に見つからないようなところに “隠れて” いるんです。

「年間通した気温や川との位置関係など、すごくバランスのいい環境が揃っているんでしょうね」

と、コケ博士。

帰りは世界で唯一の
コケ研究所へ

4923757554565120

コケ博士が所長を務める服部植物研究所は、1946年(昭和21年)に服部新佐博士によって設立。48万点もの標本があるので、海外からの問い合わせも多いそうです。

5005209730285568

20〜30分で「苔のテラリウム作り」も体験できるので(1,000円)、自宅用やプレゼント用にも。

588875188037222455039995831910406742250734223360

—— コケを知り、コケに癒された1日。

今まで、ちょっと遠目に見ていた苔ガールたちの気持ちも分かった気がしました。森林セラピーの一歩先、「苔セラピー」の世界へ、ぜひみなさんも。

 

猪八重渓谷

住所:宮崎県日南市北郷町猪八重
TEL:0987-31-1134(日南市観光案内所)

服部植物研究所

住所:宮崎県日南市飫肥6-1-26
TEL:0987-25-0110
受付時間:10:00〜16:00(見学可能)
見学料:無料

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
「とってもFluidな街、日南へようこそ」
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...