「TENGA」みたいだけれど。

 

こういう一目で理解しづらい作品って、なにか特別な意味が込められているように思ってしまう。もちろん、ほんとうにそういう場合もあるのだけれど。

Ben Zankの作品に特別な意味は、ない。

作品の意味をよく聞かれるけど、見る人に新しい視覚体験を提供したいだけ。意味が必要かどうかってところでいっぱいいっぱいになると、本当に表現したいことが表現できなくなる(THE PLUS「CURIOSER AND CURIOUSER」)。

自由に、あなたの感じたいように──。
それでは、新しい視覚体験をどうぞ。

 

 

 

Licensed material used with permission by Ben Zank
Reference: THE PLUS
ちょっと人生に疲れた時や何かから逃げ出したい時。バカバカしいと思うことでも、大真面目にやってみたら、案外この先の人生うまくやっていけるかもしれない。そう思...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはい...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
目を引く大きいカラフルな絵。一見普通のポップな絵に見えますが、よく見ると…中心に人が立っているんです。Ben Heineさんの大胆な作品をご覧あれ。Ben...
その名も「Oru Kayak 」…折るかやっく?まるで「折り紙」みたいですが、やっぱりそこから着想を得ているのだとか。移動が楽チンに!「折りたたみ式カヤッ...
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...