わたしたちの心は、いつも壊れそうなんだ。

わたしたちの心は、いつも不安定で、混乱していて、壊れやすい。分裂もあれば、再生もある。カラフルにすることもできるし、すこしのきっかけで、暗闇に引き寄せられちゃうこともある。

ロンドンに拠点を置くビジュアル・アーティスト、Charlotte Westonがつくる作品はどれも、解体、改造、再利用ができるものたち。

アート作品って壊さずに保つことが大切になるけれど、彼女のそれは「壊せてしまう」ところがポイント。そこに象徴されるのは 「人生はけっして安定しない」という、痛々しいほどのリアルだ。

94d4edab3cb9a32c95be2ee7473b88abe70ef821Df3b725f1fc156d91dfdf53175a89d78ad2daae00b70c0680b3413b336309c200567ec2109175b553fe0b7723038969ef6e3e3660a8fb0fce07116eeEe7f266d37cf96fecc2919c23e288480cd5c9fad079439431cbd33acd20e95c6259b9025a18b66a1A64d12677d2dfdb4efb5bb6b37ad0aa1dc8b14e8D8e756254ebc1a3067c044f4ce79bcfeede82814
Licensed material used with permission by Charlotte Weston
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
心の病を抱えた家族とともに暮らす、アーティストのJoshua Mielsが描いた肖像画。何層も塗り重ねられたカラフルな油絵の具は、彼が心に秘める感情があら...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
男女の関係、依存症、孤独感。人間だからこそ、様々な悩みがある。アーティストのBrooke DiDonatoは、誰もがもつ「心のゆがみ」と、人間の複雑さを写...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
大学生の頃『Sex and the City』に夢中になり、それからというものニューヨークに憧れ続けていた。あれから10年。ほんの旅行のつもりで訪れたNY...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...