世界でたった1頭の「真っ白いクジラ」。目撃した人には幸運が訪れる!?

オーストラリア・クイーンズランド沖合で、白鯨が目撃された。お腹だけでなく、背中もヒレも真っ白。これは、世紀の大発見!?

純白のザトウクジラ
運が良ければ出会える?

796221-2d24975e-3f38-11e5-aee4-367c73406707

オーストラリア東部をクジラが回遊するのは、毎年6月から10月にかけての冬の期間(現地シーズン)。プランクトンを追って沖合に現れるのは、主に体長15メートル〜20メートル級のザトウクジラだ。
日中の最高気温が20℃を超えることも珍しくないオーストラリアの夏とはいえ、さすがに海に入るにはちょっと寒い。この時季の人気マリンレジャーが、ホエールウォッチングという訳。
大型クルーザーを保有する「Sea World Whale Watch」が2015年8月10日、ゴールドコーストの沖合で真っ白なザトウクジラを発見。その時の写真がこちら。本当に真っ白!

“幸運の使者”は
遺伝子の突然変異

yvPrTsh

遺伝子の突然変異で、生まれつきメラニン色素を生成する遺伝子情報が欠落し、白化する「アルビノ」。動物界でも鳥やサル、トラ、ライオン、さらにはイルカなど、色素を持たない白い生物は確認されてきている。このザトウクジラもアルビノ特有の体躯をしている。

じつはこの白鯨、過去にも数回目撃例が報告され、オーストラリアでも話題となっていた。先住民アボリジニーの言葉で白を意味する「Migaloo」と名付けられ、目にすることができた人は超ラッキーな、幸運を呼ぶクジラとされてきた。
さらに、2011年にはMigalooと並んで泳ぐ小さなクジラの姿(こちらも白)が目撃され、Migaloo2世にオーストラリア中が湧いた。

現れたのは瓜二つの
Migalooジュニア!

dCuUSnS

さて、専門家によると今回目撃された白クジラは、どうやら世界で唯一と言われてきたMigalooではなかった様子。Migalooの行動域や現在地を調査研究する「White Whale Research Center」の創設者Oskar Peterson氏は、「Migalooにしては小さく白さが際立っている。昨年撮影したMigalooの尾びれには、黄色色素が沈着していたが、今回のクジラにはそれが見られない」ことからも、2011年に一度だけ目撃された、「Migalooの子供とみて間違いない」とする見解を、全国紙「The Australian」が報じている。

ハーマン・メルヴィルの長編小説『白鯨』に登場する白いクジラ(マッコウクジラ)は、捕鯨船もろとも乗組員を海へと沈め、“悪魔の化身”として描かれている。しかし、こちらは”幸運の使者”。Migalooもしくは、Migalooの子供に出会えるチャンスは、10月いっぱいだそう。

 Reference:The Australian
Licensed material used with permission by  © Sea World Whale Watch, Gold Coast, Australia -

「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
カリフォルニアのモス・ランディングはかつて鯨漁船が出ていたことで知られている場所でもあり、今もホエール・ウォッチング・ツアーの名所として人気がある。201...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
成功を収めた起業家に話を聞くと、おそらく彼らは「運が良かったんだ」と答えるでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてはいけません。彼らはどうすれば運を掴み夢を叶...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
手相はあなただけのもの。刻まれているのは、あなたの運命。信じるかどうかはさておき、「WorldTruth.TV」にこんな見出しが踊りました。「手のひらに“...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
成功者の方たちにインタビューしている時、よく出てくる話題がある。それは、「幸運の女神」の話だ。「幸運の女神には、前髪しかない」などといわれているが、実際、...