【奇跡】SUPしてたらクジラが2頭ついてきた!

Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィン(SUP)の姿を写したものと思っていたら…。

パドルボーダーに
クジラ二頭が大接近!

この奇跡の映像をカメラに収めたのは、地元エスペランスに暮らすJaimen Hudson氏。じつは、まったく予想外の出来事だったそう。
友人DaveさんのSUP風景を空中から撮影すべく、カメラを搭載したドローンを操作。彼のもとへと近づいて行くと、海を漂うボードの側に大きな黒い影が。好奇心旺盛な二頭のクジラが、SUPを楽しむDaveさんのもとへどんどん近づいていったんだとか。わずか数メートルの距離までクジラが接近してくる様子が、動画からも伝わってくる。

スクリーンショット 2015-09-30 16.20.04

「クジラは海面に頭を出して、ボードの行方を追っていたけど、友達に危険が迫っているとは思わなかったよ。二頭とも、とっても穏やかでゆったり泳いでいたしね」

偶然の産物を撮影できた当日の様子をHudson氏は「ABC」にこう説明し、次回はドローンをパワーアップさせてクジラの空撮を狙いたいと意欲的だ。

スクリーンショット 2015-09-30 15.55.07

ボードのサイズからも、クジラの大きさがよく分かる。ゆったりと仲良く寄り添って泳ぐクジラの姿に思わず繰り返し再生してしまうはず。
それにしても、クジラ二頭に大接近されたDaveさんの心境とは、果たしてどんな居心地だったのだろう?

Reference:ABC
Licensed material used with permission by Viral Hog

海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
オーストラリア・クイーンズランド沖合で、白鯨が目撃された。お腹だけでなく、背中もヒレも真っ白。これは、世紀の大発見!?純白のザトウクジラ運が良ければ出会え...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
カリフォルニアのモス・ランディングはかつて鯨漁船が出ていたことで知られている場所でもあり、今もホエール・ウォッチング・ツアーの名所として人気がある。201...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
海の中でクジラの瞳をのぞき込んだ瞬間、それまでの人生がガラっと変わっていく気がしたんです。なんていうのかな、あの目を見てしまうと、人間はきっと誰でも謙虚に...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
きっと、試合会場にいたすべての人、そして映像を見た誰もが、かの有名漫画に登場する名台詞を思い出さずにはいられなかったはずです。「諦めたらそこで試合終了です...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...