60年間、毎週欠かさず献血をした男性。200万人以上の赤ちゃんを救った「黄金の腕」とは?

オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。

Golden-Arm-1

彼が赤ちゃんを救うために行ったことは「献血」だ。しかも60年間、毎週休まずに献血をしているという。

Golden-Arm-2

ハリソンさんは14歳の時、肺を摘出する手術を受けた。その時、輸血パック13個分の血液によって命が救われたことを父から知らされた。大人になったら自分も献血をしようと心に決めた彼は、老齢になった現在もそれを実行している。

200万人の赤ちゃんの命を救った
奇跡の血液

Golden-Arm-4

献血を通してひとつわかったことがある。ハリソンさんの血液には、特殊な抗体である抗Dワクチンが含まれていたのだ。
これがRh血液型不適合妊娠という問題の解決に役立つことが分かり、オーストラリア赤十字に献血を依頼されることにつながった。
Rh血液型不適合妊娠とは、妊娠した母親の血液型と胎児の血液型が一致しないことで起こる問題。私たちの血液型は、A・B・O・ABの4種類に分類されるほか、Rh因子によってRhプラスかRhマイナスに分類される。

母親の体内にRhプラスに対しての抗体が存在する場合、Rhプラスの胎児の赤血球が異物とみなされ攻撃されてしまうのだ。その結果、胎児が重大な疾患を引き起こしてしまうこともある。Golden-Arm-3

彼の血液が持つ抗Dワクチンは、Rh抗体の生成を防いでくれる。驚くべきことに、今現在オーストラリアで生成されている抗Dワクチンは、すべてハリソンさんひとりの血液から採取されたものだとか。

恩返しのために始めた献血。それをきっかけに救われてきた命は、今日では200万人を超えている。

Licensed material used with permission by トモニュース

イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの笑いのメ...
数々のヒット動画を紹介している「ViralHog」で、とっても賢い赤ちゃんの行動を捉えた動画が人気です!ベッドの上にある枕を使って一体何をしたのか…必見で...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
確率5,500万分の1。この数字、一体なにを示したものかわかりますか?実は「五つ子の妊娠確率」なのですが、このたびそんな“生命の奇跡”を経験したのは、オー...
「赤ちゃん動画」と言えば、Facebook上で犬や猫とその人気を二分するジャンル。その中でも、世界中のパパやママの間で激しく議論されている動画があります。...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...