海外では普通?「赤ちゃんピアス」に賛否両論の声

学校にピアスしてって怒られるのは、
日本だけ?

日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。

ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんでしょう?海外の事情を見てみれば、赤ちゃんの頃から3つも4つもピアスを開けてキレイにオシャレしている子どももたくさん。海外のファーストピアスは思っている以上に早かった!

そもそも、ピアスは古代より邪悪な魔物、災いや病気が耳・鼻・口などを通して外界から人間の体内へ入ると考えられていました。その為、魔除けとしてゴールドやシルバーに輝くアイテムを身につけたのがピアスの始まり。つまり、外界へ通づる穴に魔除けをしないと、体力の弱い赤ちゃんや子どもが狙われると信じられていたのです。意外ですね。


 

ピアスは神聖な儀式
(ガーナ)

南大西洋に面する アフリカ西部のガーナ・トーゴ・ベナン。古来よりこの3カ国にまたがる大地で生活してきたエウェ族にとって、ピアスは宗教的な意味合いを持つ装飾品。生後7日目の赤ちゃんの耳にピアスをし、命名する神聖な儀式があるそうです。彼らの信仰では、赤ちゃんは神の遣いと考えられ、邪悪な魔物から守るためにピアッシングをするそうです。

生後2〜3日にピアス
(スペイン)

生後2〜3日のうちに、女の子にピアス穴を開ける習慣が根強いスペイン。勿論、産院で施術も可能。これは性別の判断が難しい赤ちゃんが間違われないためでもあるのだそう。退院後、ピアスをしていれば周りの人たちも自信を持って「カワイイ女の子ね」と、言えるようです。ちなみに男はピアス無しがほとんど。

生後6日目にピアスして
悪魔から守る!
(イラン)

イランでは生後6日目に赤ちゃんへのピアッシングが行われています。彼らは赤ちゃん誕生の日から数えて6日目に、悪魔が赤ちゃんとママを襲いに来る。という伝説を信じているのだそう。この他、真っ黒になるまで焦がしたコットンをママのいる頭上の壁に飾り、親族一同で厄払いをするそうです。

移動ピアシング業者って?
(インド)

耳だけでなく鼻ピアスも人気なインドでは、通称「鼻と耳の穴あけ屋さん」と呼ばれる移動施術の専門家が街を練り歩いているらしい。一応、アルコール消毒はしてくれるようだけど・・・何だか私たちには勇気のいる話でもある。ちなみにインドでは穴を開けてしばらくは、熱したマスタードオイルを耳に塗布するそう。


ファッションアイコンとしての意味合いもあるでしょうが、このように熱心な信仰心や伝統的習慣が、赤ちゃんピアスの本来の目的と言えるのかも知れません。

米国小児科学会によれば、感染症やその他の合併症をきちんと予防できる医師の施術であれば、子どもの耳にピアスの穴を開ける処置は基本的に安全であると示しています。

とは言え、やはり子供のピアスには批判の声も多く見られるのが実状です。ピアスを開けたいという5歳と6歳の娘にピアシングを受けさせたアンジェリーナ・ジョリーさんにママさんたちから批判が殺到したこともあり、海外・日本含め赤ちゃんのピアス人口が増えるまでには、まだまだ議論が必要となるのではないでしょうか。

Reference:MAMIVERS
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
「スターバックス」が米国の一部の店舗で「従業員の顔ピアスの着用」を認めるようだ。
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
空気が澄んでいる秋から冬にかけては、夜空がとても美しい季節。輝く星を眺めていると、つい手を伸ばしてつかみたくなってしまいます。残念ながら、そんなことはもち...
3月4日、スイスの自動車メーカー「Micro Mobility Systems」は超小型EV「Microlino」の新バージョン「Microlino 2....
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
アメリカのスターバックスで導入した際、大きな話題となった「オーツミルク」と「アーモンドミルク」」が、3月13日よりスターバックス コーヒー ジャパンでも楽...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
セックスワーカーの身を守るためにーー。賛否両論がありながらも2013年にチューリッヒに設置された売春ドライブインが成果を出しているそうです。
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...