海外では普通?「赤ちゃんピアス」に賛否両論の声

学校にピアスしてって怒られるのは、
日本だけ?

59bd19e57292457c54dbfe55c01008459981fc13

日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。

ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんでしょう?海外の事情を見てみれば、赤ちゃんの頃から3つも4つもピアスを開けてキレイにオシャレしている子どももたくさん。海外のファーストピアスは思っている以上に早かった!

そもそも、ピアスは古代より邪悪な魔物、災いや病気が耳・鼻・口などを通して外界から人間の体内へ入ると考えられていました。その為、魔除けとしてゴールドやシルバーに輝くアイテムを身につけたのがピアスの始まり。つまり、外界へ通づる穴に魔除けをしないと、体力の弱い赤ちゃんや子どもが狙われると信じられていたのです。意外ですね。


 

ピアスは神聖な儀式
(ガーナ)

南大西洋に面する アフリカ西部のガーナ・トーゴ・ベナン。古来よりこの3カ国にまたがる大地で生活してきたエウェ族にとって、ピアスは宗教的な意味合いを持つ装飾品。生後7日目の赤ちゃんの耳にピアスをし、命名する神聖な儀式があるそうです。彼らの信仰では、赤ちゃんは神の遣いと考えられ、邪悪な魔物から守るためにピアッシングをするそうです。

生後2〜3日にピアス
(スペイン)

46139affa4f776f68d47120842a77f97f8f24730

生後2〜3日のうちに、女の子にピアス穴を開ける習慣が根強いスペイン。勿論、産院で施術も可能。これは性別の判断が難しい赤ちゃんが間違われないためでもあるのだそう。退院後、ピアスをしていれば周りの人たちも自信を持って「カワイイ女の子ね」と、言えるようです。ちなみに男はピアス無しがほとんど。

生後6日目にピアスして
悪魔から守る!
(イラン)

0c78c33c18c70764423acd8c05162eca1c3f5599

イランでは生後6日目に赤ちゃんへのピアッシングが行われています。彼らは赤ちゃん誕生の日から数えて6日目に、悪魔が赤ちゃんとママを襲いに来る。という伝説を信じているのだそう。この他、真っ黒になるまで焦がしたコットンをママのいる頭上の壁に飾り、親族一同で厄払いをするそうです。

移動ピアシング業者って?
(インド)

耳だけでなく鼻ピアスも人気なインドでは、通称「鼻と耳の穴あけ屋さん」と呼ばれる移動施術の専門家が街を練り歩いているらしい。一応、アルコール消毒はしてくれるようだけど・・・何だか私たちには勇気のいる話でもある。ちなみにインドでは穴を開けてしばらくは、熱したマスタードオイルを耳に塗布するそう。


ファッションアイコンとしての意味合いもあるでしょうが、このように熱心な信仰心や伝統的習慣が、赤ちゃんピアスの本来の目的と言えるのかも知れません。

米国小児科学会によれば、感染症やその他の合併症をきちんと予防できる医師の施術であれば、子どもの耳にピアスの穴を開ける処置は基本的に安全であると示しています。

とは言え、やはり子供のピアスには批判の声も多く見られるのが実状です。ピアスを開けたいという5歳と6歳の娘にピアシングを受けさせたアンジェリーナ・ジョリーさんにママさんたちから批判が殺到したこともあり、海外・日本含め赤ちゃんのピアス人口が増えるまでには、まだまだ議論が必要となるのではないでしょうか。

Reference:MAMIVERS
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
空気が澄んでいる秋から冬にかけては、夜空がとても美しい季節。輝く星を眺めていると、つい手を伸ばしてつかみたくなってしまいます。残念ながら、そんなことはもち...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...