ダイビングの「アレ」は重い…と誰もが思っていたはずです

スキューバダイビングの「酸素ボンベ」は、1本あたりの重さが10〜15kgほど、さらに酸素を入れると総重量は最大で17kgほどにもなるという。ヘビーなうえに、背中にどかっと背負うわけだから、これがなければ始まらないとはいえ、厄介なことこのうえない。

そんな事情もあってなのか、煩わしさから解放してくれるコンパクトな「Mini Dive」が密かな注目を集めている。

超軽量!わずか2.2kg

Abd90d0b43c69da719efada329f04d140328ed41

何といっても驚かされるのは、そのサイズ感。Mini Diveの重量はわずか2.2kg!しかも水筒くらいのサイズなのだ。これだけコンパクトになれば、当然のように装着するのもお茶の子さいさい。

D628b5dd444ff8ce3a344f825525055e8f9025fc

まずは、ホルダーを首からかけて、首の裏と腰をハーネスで止める。

A89fbbf99be06c519cecb53f4e282538e108b2d309cf5e0df078e3b076a3c4de7fc749e3327a29e6

次に、小型ボンベをホルダーに通して、マウスピースを噛んだら準備完了。これなら水中にエントリーする際も、海を泳ぎ回るにも、従来のものと比較しても自由度はかなり広がるに違いない。

シュノーケリングの手軽さと
ダイビングの本格感のあわせ技

0c7008849334e008b63002d9e45f452a79d41f9818feceff4019be178cd8965ff1644ecdc287aca6

人気の秘密は、その手軽さ。まるで、シュノーケリングを楽しむような感覚で、ダイビングを(ちょこっと)楽しむことができる。ボンベが小さい分、水深3m、潜水時間も最長10分と限られてはいるが、これからダイビングをはじめたいという人にとっては、ちょうどいいエントリーモデルなのかもしれない。

もちろん、ダイビングライセンスを取得している人で、しばらく海から遠ざかっている人にとってもオススメだ。

気になる値段だが、現在、「Indiegogo」で送料込みで429ドル(約48,200円)から手に入れることができるようだ。実際、意のままに水中で泳いでいる姿はとても気持ちよさそう。興味のある人は、以下の動画を要チェック。

Licensed material used with permission by MiniDive
もうすぐ、海水浴が楽しい季節がやってきます。ダイビングをしてみたいけれど、タンクは重そうだし準備も大変、ライセンスもいるんでしょ…と思っているみなさん。手...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
やっぱり人間は誰でも間違いを犯すんだから、「許し」の習慣があったほうが良い。そんな内容の「The School of Life」の動画です。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
「どれくらいの時間、息を止めていられるか」。どうでもいいといえばそれまで。だけど、プールやお風呂場で競った経験がある人も多いはず。「Cut.com」は、1...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。これが、スゴ...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
とかく暗いニュースが多くなりがちな昨今。みんなが憎しみ合ったり批判しあったりするのを目にする機会も多いですが、誰かの1日をハッピーにしたり、人を笑顔にする...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。