世界中どこでも、露天風呂が楽しめる!「ハンモック」が気持ちよさそう

大自然の中で、ハンモックに揺られると気分も癒されますよね。そもそもハンモックとは、寝ている間に動物や害虫に襲われる危険性から身を守るためにネイティブ・アメリカンの間で使われていたもの。それを発見したスペイン人が、航海の揺れの中でも安眠できるとして、船乗りの間で愛用されるようになったとか。

そしていま、このハンモックの歴史に新たな一ページが刻まれようとしています。その名は、Hydro Hammock。お風呂としての機能までを持つ代物です。

このハンモックを開発したのは、Benjamin Frederick氏。曰く、自然の中でお風呂を楽しみたいといった理由からこの商品をつくったとか。

th_スクリーンショット 2015-07-20 15.13.46

英メディア「Daily Mail Online」や米メディア「design boom」でも話題になっているHydro Hammock。
なぜこのハンモックが世界中で注目されているのか、そのワケを3つに分けて紹介します。

01.
地球中が
露天風呂に変わる!

th_スクリーンショット 2015-07-20 15.16.38

これがあれば世界中、どこでもゆらゆら揺れる露天風呂へ様変わり!一般のハンモックより重いので、しっかりと重さに耐えうるところを探して取り付けましょう。
さらに、楽しみ方はつるすだけではありません。ビーチでお風呂を楽しみたいという人は、下画像のように砂を掘ってその中に埋め込んで楽しむこともできます。

th_スクリーンショット 2015-07-20 15.14.01

02.
付属のヒーターでどんな場所でも
温水をゲット

th_スクリーンショット 2015-07-20 17.19.50

ハンモックに付属でついてくるヒーターで冷水も温水に変えることができます。充電しておけば3時間連続で温めることが可能。100リットルの水を温めるのには、約30分ほどでできます。ヒーターにはUSB充電機能も付いているため、スマホなどのデバイスを充電することも。アウトドアで困りがちな、電子機器の充電も確保できます。

03.
大きさも十分!
カップルでも家族でも楽しめる

th_スクリーンショット 2015-07-20 15.16.11

このハンモックは、約190リットルの水に加えて、成人男性2人分の重さまで耐えうるよう設計されています。素晴らしい景色を見ながら、愛する人と語り合う、二人だけの露天風呂を楽しめます。
さらに子どもたちの小さなプールとしても、活躍することだってできるのです。

th_スクリーンショット 2015-07-20 18.39.24

 

他にも、詳しい使い方を紹介した動画はコチラから。

このHydro Hammockですが、現在、KICK STARTERで資金を募集中。価格はやや高めですが、シングルサイズで260米ドル(約3万1,000円)、ダブルサイズで390米ドル(約4万7,000円)で募集しています。しかし上記のモデルはヒーターが付いてこないため、セットで欲しい人は、920米ドル〜(約11万0,000円)かかります。

砂浜でお風呂を楽しみたい方。山の中で自然に囲まれながら、ハンモック風呂に入りたい方。ぜひ、KICK STARTERから応援してみては!?

Reference:design boom , daily mail , KICK STARTER
Licensed material used with permission by Benjamin H Frederick

関連する記事

大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に、今年も12月18日(金)から冬限定「氷瀑(ひょうばく)の湯」が登場する。
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
これまで幾度となく異業種コラボを展開してきた「パインアメ」(パインアメ株式会社)。今度は入浴剤メーカー「株式会社ヘルスビューティー」と、お風呂で楽しめる「...
お風呂に入る夢の意味とは?お風呂の夢について種類、場所、登場人物、シチュエーション別に専門家が解説します。
パリの副市長であるChristophe Najdovski氏は、2030年までに市内へのガソリン車の乗り入れを全面禁止する計画を明らかにした。パリ市議会で...
いつでもどこでも手軽にハンモックが楽しめるバックパック「HackedPack V1.1」が応援購入サービス「Makuake」で今月27日まで特別価格で購入...
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
9月28日、東京・世田谷代田駅前に温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業。
ベルギー・ブリュッセルに来月オープン予定のプライベートスパ「Bath and Barley(お風呂と大麦)」。ここでは、備え付けのサーバーから樽生ビールを...
たぶん、史上最高のバスタイム。
カフェで美味しいごはんを食べてリラックスした後に、本格的なお風呂でさらに心地よくなれる。しかも、気分によってはそのまま宿泊だってOK。そんな贅沢な体験がで...
「星野リゾート」が展開する「軽井沢星野エリア」で森の空間でお昼寝を楽しむ「ぬくぬく冬眠ハンモック」プランが、2021年2月28日(日)まで販売中。
日曜日の朝、お風呂上がりに聞きたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
ベルギーに本社を構える「Hang-in-out LLP」の代表作「カクーン(Cacoon)」の新製品「ドゥオーモ(DOMO)」が誕生。
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
発酵のプロが手がける、自宅で酵素風呂を楽しめる入浴剤。発酵温浴nifu at home 「酒粕入浴」
アウトドアやピクニックのお供に、「宙に浮くカーペット」はいかがでしょうか。「Levitat」は、子どもから大人まで一緒に楽しむことのできるハンモック型カー...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
昭和8年創業の銭湯「小杉湯」名物であるミルク風呂の入浴剤が全国販売開始。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...