これを読んだら、「やっぱり若いうちに苦しんどいて良かった」と思えた。

自分の目標に向かって夢中になっている人ほど、過去を振り返ることはあまりないかもしれません。でも、ふと立ち止まった時に思い出してみてください。

あなたはどんな青春時代を過ごしてきましたか?

The School of Life」によると、何かしらの経験を通して味わったであろう青春時代の苦しみは、その後の人生である重要なことにつながっているというのです。

まずは、過去のどのような出来事が重要な要素となっていたかを紹介します。

親に反抗すること

5175635106332672

青春時代は、父や母に対して反抗するものです。10代の子どもが両親に背を向けて、「大嫌い!」と叫んだとしても、それはある意味“敬意”をしめしていると捉えてもいいのだという。

なぜかというと、自分は両親から愛されていることを本人が認識できているという証だからといいます。

ゆえに、心配するべきなのは、言うことを聞かなかったり八つ当たりしてくる子どもたちではなく、十分に愛されていないと感じて“いい子”に振る舞うタイプだということだ。

「生きる」ことについて
深く考える

4600013388775424

他にも、後々大人になった時に重要となる要素は、何かあった時に考え込みすぎてしまうこと。そして、その時どう自分で答えを見出していったかだといいます。

なぜ生きているのだろう?なぜ苦しいことがあるのだろう?なぜ資本主義は、人々を平等に幸せにしないのだろう?

青春時代を生きる若者は、ある意味で“哲学者”だといいます。

自分が大キライ

4667734285615104

また、10代の人たちは、外見や喋り方など自分や自分に関することについて毛嫌いする傾向があります。

これは「愛」とはかけ離れた行為に見えるかもしれないけれど、実は「愛」の始まりだというのです。

あの頃の苦しかった経験は、
ムダじゃなかった…。

6301535013175296

私たちは、苦しまずして「鋭い洞察力」を得ることなどできません。ただやみくもに苦しんでいるだけなのと、理由があって苦しんでいるという点に違いがあります。

「苦しみ」は大人になった時、「気づき」や「成長」に深く関係してくることでしょう。

Licensed material used with permission by The School of Life
Kim Quindlenさんが「Thought Catalog」でまとめた50のことに目を通すと、苦境を乗り越えたことで、少しづつ変わってきた考え方にハッ...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
旅には、人生が凝縮されています。
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...