「終電前に現れる、こういうカップルが嫌いだ」。

 

週末の夜、
気持ちよく酔っ払った恋人たちは
愛に貪欲になる
欲望に従順になる
そしてヒートアップする

人目も気にせずに。

終電間際、
今宵もカップルは絡み合うだろう

ねっとり絡み合うカップルたちを、真顔で撮影し続けるのはロサンゼルス在住のScott Clevelandさん。

皮肉を込めたこの遊びはアメリカでも人気を集め、コスモポリタンで特集されたことも(笑)。

愛し合うのは結構ですが、公共の場ではほどほどにね♡

Licensed material used with permission by Scott Cleveland & Drew Phillips
他の記事を見る
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
高密度のカップルフォトを撮りたくて、考えに考え抜いたすえにたどり着いたスタイルが、これだったんだそうで。
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
以前、編集部の女子たちとこんな会話をしました。「恋は、終電を逃したあとに動くもの」。
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
“自分たちらしさ”を追求して張り切りすぎたあまり、結婚式前にゲストが出席しないかも、という問題を抱えてしまった新郎新婦。2人は共に数学者でした。数学が絡む...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
ずっと続けていると愛想をつかされそうだけど。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...