渋谷区公認、配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」でカルチャーの火は灯り続ける!

5月19日、さまざまなカルチャーを生み出す街・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」がバーチャル空間上にオープンした。

その名も「バーチャル渋谷」

最先端のテクノロジーを活用して、自宅からさまざまな催しや企画の開催、参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォームだ。

ユーザーは「バーチャル渋谷」に現れるスクランブル交差点の“スポット”をアバターで自由に回遊し、アーティストのライブアート展示トークショーなど、随時開催されるオンラインイベントを楽しむことができる。

手掛けるのは、参画企業50社による「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」。時間や場所を超越する5G時代のエンターテイメントを提供することで、リアルな渋谷の街とデジタルが融合するデジタルツイン(ミラーワールド)の世界を実現。

難しいことはわからなくても、オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」がアーカイブされた以下の動画をチェックすれば、活動制限が続く今でも「渋谷」のカルチャーの火が灯され続ける姿がわかるはず!

© 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト / Youtube
© 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト / Twitter

『バーチャル渋谷』
※参加にはclusterの無料アカウント作成と、利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です
【「cluster」WEBサイト】https://cluster.mu

Top image: © 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事