史上最強、人生最後の「スマホケース」

その強度、まさに完全無欠──。

スマホを落下などのダメージからしっかり守る、史上最強クラスのスマホケース「Mous Limitless 3.0」がついにデビュー。税込み価格4000円は、少々値が張るイメージだが、画面のヒビ割れや修理代を思えば、むしろ安いといっていい。

タフネスを売りにするスマホケースは確かに多い。けれど、耐衝撃性を高めればその分、厚み重さが出るのが現実。ところが「Mous」は厚さ2mm重さ40gと超スリム。ちっともタフさを感じさせないスマートなつくり。

そのギャップがまたニクい。

©Makuake
©Makuake

秘密は、「Mous社」が独自開発した衝撃吸収素材「エアロショック」にある。何千ものマイクロエアポケットが緩衝材となり衝撃を吸収してくれるという仕組みだ。

2015年のプロジェクト開始以来、ヘリコプターからの落下大気圏からの落下など、ときに“やり過ぎ”とも思えるユニークな実証実験を経て、17年にようやく現在のプロトタイプとなる「Mous」の開発に成功。

今回のバージョン3.0も、地上13.7m(建物にして5階の高さ)からコンクリートの大地に向かっての落下実験。もちろん、スマホはノーダメージ。これを完全無欠と呼ばずして、なんと表現しよう。

さて、iPhone12をはじめ新型iPhoneにも対応。こちらは5400円(税込)。背面には、クレジットカードやスマホには悪影響を及ぼさないマグネットが内蔵されていたり、カードウォレットタイプなど、オプションも充実している。

人生最後のスマホケースは、これで決まりだろう。

©Makuake

『Mous Limitless 3.0』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/mous-limitless03/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自分の好きなステッチを縫うことでオリジナルデザインを楽しめるDIYスマホケースは、100%堆肥化可能というのも人気の秘訣。亜麻と植物ベースの原料を用いた特...
これは模様ではない。傷だ。
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
〈ROOT CO.〉の「Shock Resist Case Pro.」は、アメリカの耐衝撃テスト(122cmの高さから26方向の製品落下試験)をクリアする...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...