「我をわすれがち」な季節が、やってきました

 

恋人たちが、「浮かれに浮かれて我をわすれる」季節がやってきました。

映画『海辺のポーリーヌ』に出てくる大人たちも例外ではなく、海辺の町で刹那な恋に翻弄されます。それは、ひと夏の恋というにはロマンティックさは足りないし、とにかくみんな「我のわすれかた」が激しい。

それを眺める、15歳のポーリーヌ。まだ翻弄されるほどの恋には出会っていない彼女は、そんな大人たちを少し冷ややかに、そして反面教師にするかのように俯瞰します。

「わたしは、知らない相手に
夢中にならないわ」

 

お気に入りは庭の紫陽花、ざっくりとカットされたマッシュヘア、艶やかさのないスイムウエア。「うわべじゃなくて、その性質に興味があるから」と、よく知りもしない相手に恋い焦がれる大人たちの横で、ポーリーヌは話します。

恋を知らない15歳の少女の「まだ」静かな時間。取り巻く騒がしい大人たちにも、きっとこんな時があったのでしょう。ポーリーヌは、「我をわすれた」経験をもつ大人からのアドバイスに、シンプルな言葉で返します。


「ウソかもしれない事を、悲しむのは間違いよ」

「悲しまないわ」

海辺でのヴァカンスを終え、まだ見ぬ未来の恋人を思い浮かべながら答える彼女は、どこかすこし大人びて見えるのでした。

今日、6月12日は「恋人の日」

6477090962538496

© Les Films du Losange Les Films Ariane

で、「恋人の日」なんです、今日。なにをするのかって? 恋人と縁を深めるために、お気に入りの写真を入れたフォトフレームやプレゼントを贈りあう日なのだとか。あまり知られていないようだけれど、クリスマスやバレンタインデーに並ぶ、特別な日なんですね。

「我をわすれがち」な季節の、恋にまつわる記念日は今日だけ。それがたとえ長くつづく関係ではなくても、身を焦がすような恋人に贈りものをしてみるのはどうでしょう?

『海辺のポーリーヌ』監督・脚本:エリック・ロメール

15歳の少女が経験する、ひと夏のヴァカンスの出来事。「喜劇と格言劇集」第3作。
15歳のポーリーヌは、年上で男性経験豊富ないとこマリオンと、ノルマンディーの避暑地で夏を過ごそうと別荘にやって来た。2人は海辺で昔マリオンのボーイフレンドで、いまだにマリオンのことが好きなピエールに出会った。ピエールの知りあいのアンリ、翌日知り合ったシルヴァン。それぞれの恋の行方は如何に。

DVD 発売中/販売元:紀伊國屋書店

Top photo: © Les Films du Losange Les Films Ariane
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
当たり前なんだけれど、意外とできていないこと。
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
今のパートナーにいまいち満足できない、本当に幸せなのか分からない、何だか無理をしている気がする…それは、そもそも恋愛へのアプローチ方法が間違っている可能性...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
映画で観るお姫様と王子様の恋愛は、いつもハッピーエンド。ところが現実は純粋なラブストーリーからどんどん離れていくばかり。まずは「Thought Catal...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...
<フェニルエチルアミン>は、恋愛の症状であるドキドキ・ときめき・胸きゅん・幸福感などを生み出すものだと言われているから。恋をすると胸がいっぱいで、食事が喉...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...