「Burning Man 2020」の象徴となるテンプルが発表!

2020年の8月30日〜9月7日、「Burning Man(バーニングマン)」が開催される。それに先駆けて、イベントのアイコンであり、会場の中心となる建造物であるテンプルの全貌が明らかになった。

数ある候補の中から選ばれたのは、アメリカ・コロラドを拠点に活躍するRenzo VerbeckさんとSylvia Adrienne Lisseさんによる「Empyrean」だ。

©Renzo Verbeck and Sylvia Adrienne Lisse
©Renzo Verbeck and Sylvia Adrienne Lisse

「Empyrean」という名前は、古代宇宙論で「最高点」を意味する。上の完成予想図でも分かる通り、俯瞰してみると八芒星のカタチをしている。これは希望や正義などの概念を象徴しているとのこと。

また、「Empyrean」というのは、火が生まれた場所ともされるそうで、実際イベント期間中はテンプルに明かりが灯され、Black Rock Cityのどこからでもその光を見ることができるという。

いつだってそうだが……今年のBurning Manも期待大だ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
2月8日に渋谷・円山町「WOMB」で、最高な音と人との出会いを求め世界中のパーティーやフェスを旅する「Bump_」と「Burning Man」でもっとも人...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。