「Burning Man 2020」の象徴となるテンプルが発表!

2020年の8月30日〜9月7日、「Burning Man(バーニングマン)」が開催される。それに先駆けて、イベントのアイコンであり、会場の中心となる建造物であるテンプルの全貌が明らかになった。

数ある候補の中から選ばれたのは、アメリカ・コロラドを拠点に活躍するRenzo VerbeckさんとSylvia Adrienne Lisseさんによる「Empyrean」だ。

©Renzo Verbeck and Sylvia Adrienne Lisse
©Renzo Verbeck and Sylvia Adrienne Lisse

「Empyrean」という名前は、古代宇宙論で「最高点」を意味する。上の完成予想図でも分かる通り、俯瞰してみると八芒星のカタチをしている。これは希望や正義などの概念を象徴しているとのこと。

また、「Empyrean」というのは、火が生まれた場所ともされるそうで、実際イベント期間中はテンプルに明かりが灯され、Black Rock Cityのどこからでもその光を見ることができるという。

いつだってそうだが……今年のBurning Manも期待大だ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4月10日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「Burning Man」の開催中止が発表された。だが、運営サイドはバーチャル空間で...
フェス好きなら誰しもが耳にしたことがある音楽とアートの祭典「Burning Man」は、残念ながら2020年の開催が中止に。そんななか、同フェスを運営する...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
2月8日に渋谷・円山町「WOMB」で、最高な音と人との出会いを求め世界中のパーティーやフェスを旅する「Bump_」と「Burning Man」でもっとも人...
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...