30年ぶりの大寒波。そのとき沖縄では「お魚フェス」が開催されていた!

日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。

彼らが目指したのは、寒波で動けなくなった熱帯魚のもと。強い寒波に見舞われると、急激な水温の低下についていけなかった浅瀬の魚が、仮死状態になって浜に打ち上げられるのだとか。

「いやー、島中たいへんなことになっていました」

とは、西表島でシーカヤックサービス「バジャウ トリップ」を営む赤塚義之さん。

 「いま、島はサトウキビ収穫の真っ最中。私も手伝っているのですが、島の人たちは魚が気になって気もそぞろ。中には仕事中にこっそり畑を抜け出して海に行ってしまう人まで出るような状態でした。島の古老の言うことには、これだけの寒波は30数年ぶり。場所によっては波打ち際が魚で銀色にギラギラ瞬いていたというのだから、無理もありません」

まあ! そんなお魚祭りのさなか、仕事をするのはさぞかし辛いことだったでしょう…。

「いいえ!私は仕事の前に早起きして行ってきたので、ばっちり魚を確保しましたよ!」

…ということで、以下は赤塚さんから寄せられたお魚好き垂涎の画像です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜に繰り出したのは薄明かりもない丑三つ時。海水が最も冷え込むのは夜明け前なので、島の人は日の出とともに拾いに行くのだとか。今回の寒波は大潮にあたっていたそうですが、潮の動きが小さくて朝方が干潮になる小潮がベストだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで浅瀬を見ていくと…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いた! スズメダイがノビてる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アイゴもノビてる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナンヨウチヌもリュウキュウドロクイもセダカサギや、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でっかいスジブダイも!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

…ということで、タモはあっという間に魚でいっぱいに。

160128_a_kimama_fish_fes10

そして、魚たちは美味しいご飯になりました。

魚好きにとっては、いますぐにでも航空券を手配したくなるような光景ですが、残念ながら、寒波に伴う魚とりができるのは寒波が襲来してから1〜2日。今回のお魚祭りは魚が深場へと戻って、もう終了したそうです。

次回が来月になるのか、30年後になるのかは神のみぞ知るーー。こんなお魚祭りに参戦したい人は、寒波の予報が出たら沖縄行きのチケットを即確保してみては!?

コンテンツ提供元:A kimama

A kimama

A kimama は、アウトドア業界に深く関わるライターや編集者たちがそれぞれのフィールドワークに基づき、自由気ままに発信する、インディペンデントでフリーな総合アウトドアサイトです。www.a-kimama.com

沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...