コロナビールが「沖縄のホテル200室」を先払いで予約。その理由とは

いま「コロナ エキストラ」が、200組600名に沖縄ホテル宿泊券をプレゼントするキャンペーンを展開しています。COVID-19による大きな影響を受けた観光・旅行業界をサポートするプロジェクト「Rediscover Paradise」の一環として、です。

ちょっと立ち止まって考えてみると、いくつかの疑問が頭に浮かび上がります。

なんでプレゼントキャンペーンを始めたのか?
飲食業界ではなく観光・旅行業界を支援する理由は?
そもそも「コロナ エキストラ」と沖縄の関係って?

 

コロナビールが
沖縄を愛している理由

さて、話は「コロナ エキストラ」の掲げているブランドメッセージ「THIS IS LIVING」から始まります。

直訳をすれば “これが生きることだ” となりますが、人生における本質的な豊かさや歓びを体感する大切さをあらわしているそうです。なるほど。

忙しい生活から離れて、好きなことと向き合ってみる。人目を気にすることなく、ありのままの自分を大切にする。細かいことを忘れて、自然の雄大さを体感する。付き合いではなく、気心の知れた仲間とお酒を楽しむ。

……挙げてみるとキリがありませんね。COVID-19による変化にも慣れてきて、あらためて、自分だけの「THIS IS LIVING」を探し始めている人も多いのではないでしょうか?

「コロナ エキストラ」は、そんなきっかけをつくるためにキャンペーンを展開し続けています。

その代表ともいえるのが「CORONA SUNSETS FESTIVAL」。2015年から5年間にわたり、沖縄の美らSUNビーチで開催されていた音楽フェスです。

 

「旅」「サンセット」「音楽」──。

なかなか言語化をするのが難しい「THIS IS LIVING」ですが、これら3つの要素を大切にしながら、“コロナらしさ” をつくりだすとのこと。だから、「CORONA SUNSETS FESTIVAL」の開催場所は、相当な時間をかけて慎重に選ぶことに。

候補地をリサーチして、下見をして、イベント概要を伝えて、開催可否を聞く。美らSUNビーチでの開催を強く望んだ「コロナ エキストラ」は、何度も何度も沖縄に足を運び、現地の人の協力を仰ぐために話し合いを重ねました。

そして、2015年に初開催。

日本とは思えないほどの開放感、いつまでも体で感じていたいスローな雰囲気、波音にあったメロウな音楽……「CORONA SUNSETS FESTIVAL」の人気は、年々増していったのです。

ちなみに、最近になってプラスチックごみ問題が頻繁に話題になっていますが、いち早く「コロナ エキストラ」はNGO団体「Parley for the Oceans」とパートナシップを結び、地球に配慮した活動に取り組んでいます。自分たちが開催する音楽フェスも例外ではありません。

「コロナ エキストラ」って、沖縄を愛しているんですよね。

 

仲間たちと一緒に
変化の時代を乗り越える

ここで最初に触れた「Rediscover Paradise」プロジェクトにつながります。

「コロナ エキストラ」は、COVID-19の感染拡大による影響を受けた観光・旅行業界をサポートするために、世界1000軒以上のホテルで14000以上の客室を予約。その料金を先払いすることで支援し、消費者に還元するといいます。

そして、日本で選ばれた場所が、彼らにとって特別な存在である沖縄だったのです。

とはいえ、自分たちもCOVID-19による被害を受けているはず(偶然にも名前が似ているし……)。思い切って聞いてみると、他のブランドと同じような影響は受けているとのこと(風評被害はないそうです)。

それでもなお、沖縄のサポートをおこなうと決めた意思には、なにかグッとくるものがあります。

仲間たちと一緒に変化の時代を乗り越える──。「コロナ エキストラ」にとって、2020年の「THIS IS LIVING」はこう表現してもいいのかもしれません。

そして、彼らと共に沖縄を支援する200組600名を対象に、ホテル宿泊券をプレゼントするキャンペーンをおこなっています。

→詳しくはコチラ

沖縄に起きていることを
ドキュメンタリーで知ろう

沖縄の生活そのものを味わえる自然と融合した宿「新民家VILLA」を営む建築家 漢那潤・漢那桜が、COVID-19による影響と今後の展望を語る。

シーフード料理とサンセットが楽しめる「EL FARO」やレモネードと生パスタが特徴のマリンカフェ「New Cinema Parlor」を経営する土山直純が、自身の過去を振り返り、沖縄への想いを語る。

サーフガイドとボートクルージングを手がける観光インストラクター仲程徳仁が、COVID-19による不安と自身のサービスを通して伝えたいことを語る。

 

また、「コロナ エキストラ」は、「Rediscover Paradise」の一環として制作した3本のドキュメンタリーを公開中。今後、追加でもう1本リリースされる予定です。

テーマとなっているのは、沖縄の “いま” を伝えること。ヴィラの経営者や飲食店のオーナー、観光インストラクターなどに話を聞き、作品として仕上げています。

いつでも穏やかな雰囲気で迎え入れてくれる沖縄に起きていることを知って、自分にできるサポートを考えてみるのもいいかもしれません。予想外の発見もあるはずです。

みんなで協力しながら困難な状況を乗り越えたい人は、ぜひドキュメンタリーを視聴してから、応募してみてください。

→応募はコチラ
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
「星のや沖縄」は、サンゴに囲まれた浅く穏やかな海「イノー」が目の前に広がる絶好のロケーション。グスクを彷彿とさせる塀に囲まれ、沖縄らしい植物や館内デザイン...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
不動産やホテル事業などを手がける「森トラスト株式会社」と世界117ヵ国にホテル事業を展開している「ヒルトン」は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の開業予定日を2...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
「新型コロナウイルスが収束したら思いっきり旅行を楽しみたい!」。そんな方にオススメしたい「ひとときパス」は、宿泊券を先払いで購入し、その後に自由に宿泊日を...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...