行く前から分かる! 「沖縄」を思いっきり楽しめる人の特徴

「計画上手は旅上手」と言うけれど、こと沖縄については、多少ズボラでも自由人のほうが満喫できると思っています。

なぜなら、沖縄があまりにも王道の旅行先だから。観光名所も名物もすでに “お決まり” があって、観光客が求めるものはだいたい同じ。だけど、みんなと同じだけじゃ見つからない魅力があるはず。

というわけで、沖縄を思いっきり楽しめる「旅上手な人」の特徴をまとめてみました。超簡単に応募できる『2泊3日沖縄旅行』のキャンペーンもあるので、計画嫌いさんこそお見逃しなく。

「見たことがないもの」にドキドキ!
探検心が旺盛な人

沖縄に来たらマリンスポーツは鉄板中の鉄板……なのですが、あえて「川」のアクティビティに注目してみましょう。

石垣島や西表島ではもちろん、本島でも体験できる「マングローブカヤック」では、沖縄ならではの多種多様な動植物を見ることができます。マングローブで遊ぶのは昼間のイメージが強いかもしれませんが、林の隙間から夕陽が差し込んでくる「サンセットカヤック」も人気です。

でも一番オススメなのは、満点の星空のを眺める「ナイトカヤックツアー」。沖縄でしか出会えない、夜行性の動物たちと触れ合うチャンスです。暗闇のなか、彼らの鳴き声や足音、息づかいを感じながら進んでいくカヌーの旅は、一生モノ。

運が良ければ、蛍たちの光が導いてくれる—— なんて、ロマンチックな展開が待っています。

「食」との出会いにも積極的!
郷土料理に目がない人

沖縄料理はもともと家庭料理にルーツがあるので、本格的なものはヘルシーで優しい味付けなのが特徴です。

なかでも堪能してほしいのは、やっぱり「豚肉料理」。沖縄では昔から「鳴き声以外すべて食べ尽くす」と言われるほど、頭のてっぺんから足の爪まで、上手に豚を調理して食べる習慣があります。

ミミガーやラフテーなど有名なメニューだけではなく、沖縄の伝統行事には欠かせない「中身汁」や、白味噌仕立ての「イナムドゥチ」など、地元の人たちが昔から食べている郷土料理も味わってみてください。

泡盛を片手に、その一品が持つ歴史やストーリーごと味わうのが、沖縄料理の醍醐味ですよ。

背景を知るからこそ美しい!
歴史や文化に触れるのが好きな人

たとえば、「首里城」は誰もが知っている観光スポットですが、当時の琉球王国と中国や周辺諸国の関係を知ったうえで見学するのと、何も知らずに巡るのとでは、感動がまったく変わるものです。

言わずもがなですが、沖縄は琉球王朝時代の文化や、戦争の歴史が今でも色濃く残っている島。だからこそただ観光地や絶景を巡るのでなく、少し前のめりな姿勢で降り立つことで、これまで守られてきた綺麗な自然や食文化に心が動く瞬間が増え、沖縄ならではのエネルギーを強く感じられるはずです。

自分磨きって楽しい!
マインドがオープンで、ポジティブな人

もちろん、普段の疲れを癒すためのリフレッシュ旅もありです。でも、どうせなら心も体も整えて「自信のある自分」で飛行機に乗り込むほうが、ワクワクが何倍にも膨れ上がると思うんです。

 

そろそろ沖縄に行きたくてウズウズしてきた人は、ここからが大事です。2019年2月18日(月)から、創立5周年を迎える全身脱毛サロン「キレイモ」が、5周年の感謝を込めて「キレイモ史上最高の感謝祭!!」を開催します。沖縄ビューティーキャンプへの招待を含む、3つのキャンペーンがスタート。

1つめは、555秒に1組、総勢30組60名を2泊3日の「沖縄ビューティーキャンプ」に招待するスタートダッシュキャンペーン。2019年2月18日(月)の19:00〜23:38限定の超短期勝負です。

2つめは、50日連続で毎日1組2名、合計50組100名を2泊3日の「沖縄ビューティーキャンプ」に招待するキャンペーン。

いずれも、SNSでキレイモ公式アカウントをフォローして、投稿をリツイート・シェアするだけで応募完了です。

また3つめには、キレイモの全身脱毛を契約した人の中から、5,555名に豪華体験や美容家電のプレゼントもあります。

豪華すぎる〜!

他の記事を見る
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素となる太陽やサンゴ礁...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...