「アンコールワット」テーマパーク計画、白紙撤回へ

カンボジアの国旗にも描かれている世界的に有名な文化遺産「アンコール・ワット」

そんな文化遺産のほど近くで、大規模なテーマパーク併設のリゾート施設建設計画が進んでいたのだが、その計画が頓挫していたことがわかった。

リゾート施設は、カンボジアの首都・プノンペンでカジノを運営している香港企業「ナガコープ」の計画によるもの。

同社は首都でのカジノ施設の独占契約を結んでおり、政府との関係は非常に近かったという。

しかし、今回の計画に対しては、文化遺産を保全する団体「IIC」が、「アンコール・ワット」の世界遺産選定理由である「卓越した普遍的価値」に影響を与える可能性を示唆。そして、同国文化庁が、その意見を反映した決断をおこなったとのことだ。

カンボジア文化省長のサム・マップ氏は「今回の計画自体に問題はないが、その規模に問題があった」と語り、「ナガやほかの民間企業から提案された将来の開発活動は、世界遺産の基準に準拠する必要がある」と方針を明らかにしている。

Top image: © Sakdawut Tangtongsap/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事