月額4500円で南信州のキャンプ場が「使い放題」!ワーケーションにも最適

「南信州キャンプセッション」は、複数のキャンプ場で利用可能な会員制サブスクサービス「CAMP LIFER」をリリース。今月20日より申し込み受付を開始した。

同サービスを利用することで、月額4500円で長野県南部エリアのキャンプサイト7つが使い放題に。平日のソロキャンプ限定の提供となっており、リモートワーカーのワーケーションスポットや、平日が休みの方の息抜きなどに活用できる。

今回は、サービス試験導入のため、今年9月から11月の3ヵ月通しでの提供。また、会員募集は50名限定となっているため注意が必要だ。

アウトドアのベストシーズンに平日ならではの静かで落ち着いたキャンプサイトをひとり占めできるこのサービスで、仕事に集中するもよし、遊びに熱中するもよし......。

キャンプ サブスク CAMP LIFER 南信州
©南信州キャンプセッション
キャンプ サブスク CAMP LIFER 南信州
©南信州キャンプセッション

©️南信州キャンプセッション / YouTube

『CAMP LIFER』
【月額】4500円(税込み)※サービス試験導入期間は3ヶ月通し ※同伴者1人につき1000円で利用可能な特典付き
【利用可能プラン】電源なしのオートサイト、フリーサイト、ソロサイト ※各キャンプ場によって異なる
【公式ホームページ】
https://www.nagano-camp.life/pages/4069439/subscription

Top image: © 南信州キャンプセッション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
トレインワーケーション体験会「第5回千曲市ワーケーション体験会」が来月24日(水)~26日(金)、長野県千曲市で開催される。
太陽光利用型植物工場にワークスペースを装備したスペース「Veggie_Works」設置され、アグリワーケーション施設として2021年2月から運用開始。
兵庫の製造メーカー福島産業が開発した「豆乳マシーン」が話題に。応援購入サービス「Makuake」での反応も上々。すでに目標額1500%に達する人気ぶり
企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...