パリとロンドンを比較した、10枚のイラストが話題に

パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信するウェブメディア「Paris Zigzag」。
ここで紹介するのは、彼らが制作したパリとロンドンを比較する10枚のイラスト。少し誇張はあるにしろ、食生活やナイトライフなどあなたの知らない違いがあるかも。

パリとロンドンは
一緒ではありません!

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.30Photo by Paris Zigzag

まず、天候が違います。ロンドンの雨の量は尋常ではありません…。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.42Photo by Paris Zigzag

ロンドンのバスに比べると、窓が解放されていて写真が撮りやすいパリのバス。観光客にとってはありがたいですね。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.52Photo by Paris Zigzag

これは夜のクラブでの典型的な光景。お酒を楽しむパリの人たちと、お酒に飲まれるロンドンの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.59Photo by Paris Zigzag

両都市の大きな違いは、地下鉄の金額。ロンドンは世界的にも高いことで有名です。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.03Photo by Paris Zigzag

自然や動物をこよなく愛するロンドンの人たちの一方で、毛嫌いするパリの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.13Photo by Paris Zigzag

政治に対し批判的なパリの市民。それと比べて、愛好的なのがロンドン市民。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.22Photo by Paris Zigzag

ビールの価格が安いのはロンドンの特徴。1杯あたり2.5ポンド(約450円)に対し、9ユーロ(約1,200円)と割高なパリ。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.42Photo by Paris Zigzag

大好きな食事も違います。パリで根強い人気を誇る、タルタルステーキ(日本で言うユッケのようなもの)。一方でロンドンのソウルフードは、フィッシュアンドチップス。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.50Photo by Paris Zigzag

ロック好きなフランス人と、フォークソング好きなイギリス人。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.44.08Photo by Paris Zigzag

ロンドンでは休日でもほとんどのお店がオープンしていますが、パリで開いているレストランを探すのは一苦労。

Licensed material used with permission by Paris Zigzag

フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
知らず知らずのうちに激変している、私たちの生活スタイル。今や当たり前となったスマホも、10年前の人に見せたら仰天するかもしれません。ここでは、インド系のウ...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。