パリとロンドンを比較した、10枚のイラストが話題に

パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信するウェブメディア「Paris Zigzag」。
ここで紹介するのは、彼らが制作したパリとロンドンを比較する10枚のイラスト。少し誇張はあるにしろ、食生活やナイトライフなどあなたの知らない違いがあるかも。

パリとロンドンは
一緒ではありません!

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.30Photo by Paris Zigzag

まず、天候が違います。ロンドンの雨の量は尋常ではありません…。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.42Photo by Paris Zigzag

ロンドンのバスに比べると、窓が解放されていて写真が撮りやすいパリのバス。観光客にとってはありがたいですね。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.52Photo by Paris Zigzag

これは夜のクラブでの典型的な光景。お酒を楽しむパリの人たちと、お酒に飲まれるロンドンの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.41.59Photo by Paris Zigzag

両都市の大きな違いは、地下鉄の金額。ロンドンは世界的にも高いことで有名です。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.03Photo by Paris Zigzag

自然や動物をこよなく愛するロンドンの人たちの一方で、毛嫌いするパリの人たち。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.13Photo by Paris Zigzag

政治に対し批判的なパリの市民。それと比べて、愛好的なのがロンドン市民。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.22Photo by Paris Zigzag

ビールの価格が安いのはロンドンの特徴。1杯あたり2.5ポンド(約450円)に対し、9ユーロ(約1,200円)と割高なパリ。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.42Photo by Paris Zigzag

大好きな食事も違います。パリで根強い人気を誇る、タルタルステーキ(日本で言うユッケのようなもの)。一方でロンドンのソウルフードは、フィッシュアンドチップス。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.43.50Photo by Paris Zigzag

ロック好きなフランス人と、フォークソング好きなイギリス人。

th_スクリーンショット 2015-10-13 14.44.08Photo by Paris Zigzag

ロンドンでは休日でもほとんどのお店がオープンしていますが、パリで開いているレストランを探すのは一苦労。

Licensed material used with permission by Paris Zigzag

ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。