ベトナム人が泣いて喜ぶ「どん甘クッキー」

練乳といえば、「練乳がけいちごかき氷」のイメージ。日本ではどちからといえば夏場に需要がある気がしますが、ベトナムでは年中が練乳シーズン。

じつは、世界でコーヒーを最も多く製造している国の第2位がベトナム。街中で昼夜問わず、コーヒーをすすっている光景が見られますが、特有の強めのダークなコーヒーに入れるものこそ、ミルクではなく練乳!

甘いのに苦い、この強いコーヒーを「Food52」でPosie Harwoodさんがクッキーにしています。今年は夏前から、練乳が大活躍する予感がします!

コーヒー香る
あま〜いクッキー

Photo by James Ransom

ベトナムに行ったことはありませんが、旅行に行きたい気持ちはいっぱい。名物料理を食べ尽くすのを想像して、お腹をいっぱいにさせています。香ばしい匂いがするフォーや、生春巻き……。何から何までレモングラススパイスをかけて、もう幸せそのものです。

ニューヨークの都市部に住んでいるとおいしいベトナム料理が割と簡単に手に入るので、いろいろなフードに手を出しています。なかでも一番好きなのは、ベトナムアイスコーヒー(強めのコーヒーに練乳を混ぜたもの)。とくに夏にもってこいですが、年中いけます。

このコーヒーは、ダークローストの豆を挽いて、ドリップフィルターで抽出したものなので、通常より濃いのです。ホットも人気ですが、私は氷とコーヒーに、濃いめの甘い練乳をかけるのが一番好き。ダークコーヒーにクリーミーなミルクが渦を巻く光景は、コーヒー好きにはたまらない光景です…。

さらには焼き菓子を作るのが大好きなので、ベトナムアイスコーヒーにインスパイアされたレシピがあれば飛んで喜びました。たとえば、I'm Not The NannyというブログでThien-Kim Lamさんが紹介するレシピ。自己流にアレンジして愛用しています。

ざらつきがありバターたっぷりなショートブレッド風クッキーなので、もう少しざらつかせるため、私は粗めにコーヒー豆を挽きます。それからアイシングには甘い練乳を使っていますが、甘さを控えつつも味を引き出すために、バニラビーンズペーストとエスプレッソパウダーを加えています。バニラビーンズペーストを持っていなければ、バニラエッセンスでもOKです。

生地はうまく固まるので、多めに作って冷凍保存するのがお薦めです。コーヒー好きなら絶対に気に入るこのクッキーですが、コーヒー好きじゃなくても惚れ込んじゃいそうなおいしさです。

とりあえずベトナム行きが決まるまでは、このクッキーを毎週作ることにします!

〈材料(ひと束分)〉

強めに淹れたコーヒー:大さじ1、プラス余分にすこし

常温の無塩バター:約220g

粉糖:1と1/4カップ(別々に用意)

バニラエッセンス:小さじ1

塩:小さじ1/4

中力粉:2カップ

粗挽きコーヒー豆:大さじ2

(私はダークローストした豆を使用してます)

練乳:大さじ3

バニラビーンズペースト:小さじ1/2

全乳:大さじ1

エスプレッソパウダー:ひとつまみ

 

〈作り方〉

1.軽くふわふわしたクリームになるまで、バターと菓子の砂糖3/4カップを混ぜる。

2.バニラと淹れたコーヒーを入れ、よく混ぜ合わせる。

3.中力粉、塩、コーヒー豆を入れ、生地が滑らかでべたつかず、ざらつきがなくなるまでこね叩く。5分以上こね叩いてもざらざらとまとまらないならない場合、コーヒーを少し足してさらにこねる。

4.生地を約5cm幅の棒状(1または2本)にし、ラップで包む。しっかりと冷えるまで少なくとも2時間冷蔵する。

5.焼く準備ができたら、オーブンを325℃に設定。記事を薄く円形にスライスし、シートに並べたら14〜16分焼く(もしくは端は金色に焼き目がつくまで)。焼けたらオーブンから取り出して冷ます。

6.クッキーを冷ましている間に、アイシングづくり。1/2カップの砂糖に練乳とバニラビーンズペースト(あえば)、牛乳、エスプレッソパウダーを入れ混ぜ合わせる。垂らしやすいよう薄めにしたければ牛乳を追加。クッキーが冷めたら、アイシングをかける。表面全体に薄く塗り広げるものアリ。

 

Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
現在「マクドナルド」の「McCafe by Barista」併設店で「ワールドコーヒーツアー」キャンペーンを実施中。苦みの強いコーヒーに練乳を混ぜて味わう...
iHerb(アイハーブ)おすすめの「クッキー」を3つ紹介。一押しは塩キャラメル味のクッキー。グルテンフリーとヴィーガンもあります。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
蓋を開けた瞬間、「愛」と「夢」と「おいしさ」が溢れ出す人気のスイーツ「クッキー缶」のなかから、お取り寄せできるお店を5つ紹介。素材も詰め方もショップによっ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
この秋、ハワイで人気の「THE PIG & THE LADY」が日本初の店舗を恵比寿にオープン。地元民や観光客から絶大な支持を集め、“ハワイでもっとも人気...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
ベトナム・ホーチミンで誕生したフォーの専門店「フォーミン」が東京・下北沢に上陸。
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
ピザのおいしさがギュッと詰まった新感覚クッキー「PIZZA BEAR(ピッザベア)」がお目見え。来月13日(日)まで、JR東京駅構内の「グランスタ東京」に...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
体にまとわりついてくる湿気のなか、グラスにタピオカ、フルーツ、白玉やあんこを添えてココナッツミルクのソースがかかった「チェー」をいただく。恐ろしく甘い、で...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...