ハーバード大が謎に迫る。コーヒーの量が自殺のリスクに影響?

健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード大学。

自殺のリスクが半減する!?

9a4a14fa251e5f0d41bd219274b27167af24470e

ハーバード大学公衆衛生学部の研究チームが発表した、にわかに信じ難いこの調査結果。毎日2、3杯コーヒーを飲む習慣にある人は、自殺のリスクが約50%減少するというのだが、はたしてその真相は…。

コーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経を刺激することで知られているが、脳の特定の伝達物質(たとえばドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなど)の生産を増強することによって、軽度の抗鬱剤としての効果と同じ作用が得られるのだそう。これは、過去の免疫学研究で言われてきた、鬱病へのリスク軽減を実証するものと考えられている。

約20万人の被験者を対象に
20年間に渡って調査

Bed52d4312c7b6635a60dc6507c3e312267a6843

新しい研究では、男性43,599名と164,825名の女性の被験者に対してコーヒーとカフェイン飲料、そしてデカフェ(カフェイン抜きのコーヒー)の3種類の摂取量を4年間ごとに調査し統計を取り、膨大なデータを集めたそうだ。
ちなみにカフェインはコーヒー以外にもチョコレートやお茶、カフェイン入り飲料からも算出されるため、必ずしもコーヒー摂取だけではない。とは言え、そのメインはやはりコーヒーによるもの。

さて、およそ20年間に渡る調査の結果、約20万人の被験者のうち、自殺で死亡したのは277人(年間約13.8人)だった。この数字をどう見るか。
WHO発表の記録(2012年)を参考にしてみると、アメリカの人口10万人(実際には3億人超え)に対して自殺率は年間13.7人。この計算からいけば、確かにコーヒーを摂取した結果、自殺率が半減したことがざっくりとだが証明できる。

こうした情報を集計し研究者らは、一日に飲むべきコーヒーの量を2〜3杯、量にして400mlを目安にすることが理想と定義付けたそう。

コーヒーがもたらすポジティブな影響

なぜ、コーヒーが自殺率の減少をもたらすのかは、厳密には解明されていないものの、研究者はコーヒーが人間にもたらすポジティブな影響を確信しているようだ。
事実、カフェインはただ脳の働きを活発にさせるだけでなく、抗鬱剤のような役割も果たすことが分かってきた。また、大麻などと同様の作用をもたらし、中枢神経に働きかけて、幸福感を生み出す脳内物質の生成を促す効果もあるという。

飲み過ぎは逆効果!

Ab5003d1824c9b298c90f88fd26ffbe4dd75a258

この研究は、コーヒーによって鬱を治療することはできないものの、鬱病への対策として、コーヒーを飲むことが少なからず良い影響を与える可能性があると見ている。もしかしたら、近い将来、コーヒー療法が実際に行われる可能性がないわけではない。

しかしながら、カフェインの過剰摂取は睡眠時間を減少させたり、イライラをつのらせ情緒不安定にさせるというマイナス面もリスクとして考えなければならないようだ。
フィンランドの研究チームは1日に8〜9杯のコーヒーを飲んだ被験者に自殺願望に似た症状が見られた結果から、カフェインの摂り過ぎにも注意喚起をしている。

必ずしもガブ飲みしたからといって、幸せな気分で満たされるわけではなく、逆に飲み過ぎは危険をもたらすこともある、ということは憶えておく必要がありそう。

結局、コーヒーは嗜好品。アルコールやタバコのような中毒性は無いと言われてはいるが、何でもほどほどが良いのは間違いない。朝から晩までコーヒー尽くめの方は、頭の片隅にでも入れておいて損はない内容では。

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...