みんな想像つくでしょ?「あんこコーヒー」は絶品


風味へのこだわり、クリームやシロップを使ったカスタマイズ。コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……正直、コーヒーでもっと遊んでみたい!

なんて思っていた矢先、ふと目に入ったのは「あんこ」。……小倉とトースト、あんパンと牛乳、あずきとホイップ、あんことお餅。ひょっとしてあの子(あんこ)、結構だれとでも仲良くできるタイプ……!?

ということで、コーヒーとも出会わせてみることにしました!

コーヒー×「あんこ」

©2018 TABI LABO

さっきも言ったけれど、あんこは牛乳とも相性抜群!ということで今回はカフェオレで実験。あんこが溶けやすいホットがオススメ。

つくりかた

〈 用意するもの 〉

・インスタントコーヒー : 大さじ1杯
・牛乳 : 180ml
・こしあん : 大さじ山盛り1杯

最初にカップの底にあんこを入れます。インスタントコーヒーと温めた牛乳で作ったカフェオレをカップに注ぎ(カフェオレはできあいのものでも大丈夫です♪ )、あんこがダマにならないようによくかき混ぜてできあがり。甘みが少なければ、あんこを足して調節しましょう。

©2018 TABI LABO

結果:意外とさっぱり


かなり甘いコーヒーを想像していたのですが、口当たりの良い自然な甘さが個人的に気に入りました。とろみが少しプラスされて、飲みごたえも。

和菓子の代表的な材料であるあんこは、実はコーヒーと相性抜群と言われているみたい。コーヒーの苦みや酸味と、あんこのコクのある甘みがお互いを引き立てるんですね。

今回はこしあんを使いましたが、もっと食感を楽しみたければ、ぜひつぶあんを。もう少しビターにいきたい人は、ブラックコーヒーで。

「あんこコーヒー」、一度騙されたと思って試してみて!(騙されないから!)

Top image: © 2018 TABI LABO
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。