みんな想像つくでしょ?「あんこコーヒー」は絶品


風味へのこだわり、クリームやシロップを使ったカスタマイズ。コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……正直、コーヒーでもっと遊んでみたい!

なんて思っていた矢先、ふと目に入ったのは「あんこ」。……小倉とトースト、あんパンと牛乳、あずきとホイップ、あんことお餅。ひょっとしてあの子(あんこ)、結構だれとでも仲良くできるタイプ……!?

ということで、コーヒーとも出会わせてみることにしました!

コーヒー×「あんこ」

©2018 TABI LABO

さっきも言ったけれど、あんこは牛乳とも相性抜群!ということで今回はカフェオレで実験。あんこが溶けやすいホットがオススメ。

つくりかた

〈 用意するもの 〉

・インスタントコーヒー : 大さじ1杯
・牛乳 : 180ml
・こしあん : 大さじ山盛り1杯

最初にカップの底にあんこを入れます。インスタントコーヒーと温めた牛乳で作ったカフェオレをカップに注ぎ(カフェオレはできあいのものでも大丈夫です♪ )、あんこがダマにならないようによくかき混ぜてできあがり。甘みが少なければ、あんこを足して調節しましょう。

©2018 TABI LABO

結果:意外とさっぱり


かなり甘いコーヒーを想像していたのですが、口当たりの良い自然な甘さが個人的に気に入りました。とろみが少しプラスされて、飲みごたえも。

和菓子の代表的な材料であるあんこは、実はコーヒーと相性抜群と言われているみたい。コーヒーの苦みや酸味と、あんこのコクのある甘みがお互いを引き立てるんですね。

今回はこしあんを使いましたが、もっと食感を楽しみたければ、ぜひつぶあんを。もう少しビターにいきたい人は、ブラックコーヒーで。

「あんこコーヒー」、一度騙されたと思って試してみて!(騙されないから!)

Top image: © 2018 TABI LABO
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...