「スキニー」を履き続けた女性に待っていたのは、4日間の入院生活だった

昨年、「Collective Evolution」に掲載されていたAlanna Ketler氏の記事は、大きな話題を呼びました。スキニージーンズを長時間履くことで、足の神経をひどく痛めてしまう可能性があるのだとか。

そもそもカラダに合っていない、それもどこかを圧迫するようなサイズ選びに問題があるようです──。

調査によれば、スキニージーンズを履くことが健康に悪影響を及ぼす、ということが判明。なんでも、極度にタイトなジーンズを履いてしゃがむことは、足の神経と神経繊維の損傷を引き起こす可能性があるというのです。

詳細は「Journal of Neurosurgery & Psychiatry」に掲載されており、そのなかで実例として挙げられていた、オーストラリアのロイヤル・アデレード病院で治療を受けた35歳の女性に起こった悲劇は、インターネットを通し、瞬く間に世界に広がりました。

スキニージーンズで引っ越しを手伝い
両足にしびれを覚え、意識不明に

彼女はある日、家族の引越しを手伝っていました。食器棚を整理しながら何時間もしゃがんでいたのですが、そのときスキニージーンズを履いていたのです。するとその締め付けがだんだんと強くなり、不快に思うようになりました。

夜、作業が終わり家へ帰る途中、両足につらいしびれを覚えました。そしてそのまま意識を失ってしまったのです。発見されるまで、彼女は数時間も道端で倒れていたと言います。

検査の結果、両足に水分が溜まってひどく腫れてしまい、特に右足は深刻な状態に。足が腫れていたため、ジーンズを脱がせることができず切るしかありませんでした。また、足首と指の動きが全体的に弱くなっていて、右足は左足より深刻な症状。

両足のひざから足首の側面、背面、そして足の裏部分の感覚は弱ってしまっていて、足の周辺の脈拍は普通でしたが、熱を持っていました。なんと回復して普通に歩けるようになるまで、4日間も病院で過ごすことになったそうです。

補正下着にも注意が必要

私たちの健康に悪影響を及ぼす衣服は、スキニージーンズだけではありません。補正下着など、カラダをあまりに締め付けるものは、神経を損傷させて身につけている人の健康を脅かす可能性があります。

じゃあ、スキニージーンズは
履かないほうがいいってこと?

この事例は、あくまでも1人の女性のケースに基づいて行われたもの。研究結果を確かなものにするためには、さらに詳しい調査をする必要がありそうです。

私もスキニージーンズを長時間履いたとき、ふくらはぎと足首に痛みを感じた経験があります。体を締め付けるスキニーは、本当にカラダの循環に悪影響を及ぼすのかもしれません。

普段以上に体を動かす、もしくは長時間外出する場合は、より着心地のいいストレッチが効いたスキニージーンズを履くほうがいいでしょう。

Licensed material used with permission by Collective-Evolution
家族や友だちが入院。お見舞いといえば…、お花を持って行くのもいいですが、花瓶がなかったり水を換えるのが大変ということも。また、フルーツも定番ですが、具合が...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
女性という、生き物について。
ヴェネチア市にある病院「Ospedale dell'Angelo」。僕たちが考える「水の都」から橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。
「もう少し体が柔らかければ…」 YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」には、そんなあなたに向けた効果抜群ストレッチが...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...
「レズビアンを“治す”ために、拷問やレイプをする診療所がある」。フォトグラファーPaola Paredesが演じるのは、レズビアンが男性を愛せるように治療...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...