炎が空に伸びていく!?見たことのない謎の「花火」に世界が驚愕

以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?

Reference:Trending in China

空へと向かってゆっくりと伸びていく炎の柱。一見しただけでは何が起きているのかわからない人も多いはず。

ハシゴが伸びていくかのような新しい花火を考案したのは、中国のアーティスト「Cai Guo-Qiang」氏。実はもう少し解像度の高い画像で見るとそのカラクリが見えてくる。以下に紹介しよう。

まずは近場から撮影された写真がこちら。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_013_cr

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_005_cr

特に地面には特別な設備はないようだ。まだわかりづらいかも知れない。もう少し画像を見てみよう。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_008_cr

85singo_2015_SkyLadder_A4309_LY_ExplosionEvent_002_cc

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_003_cr

わかるだろうか?燃えているハシゴの先端部分に何か丸いものが…。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_LY_ExplosionEvent_001_cc

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_ExplosionEvent_009

実はコレ、気球を使ってハシゴを空に持ち上げることで吊り橋をつくっている花火なのだ。炎が自然と上へ上へと燃え移っていくことで遠くから見るとまるでスローモーションで打ち上げ花火を見ているかのように錯覚する。それには映像の粗さも一役買っているのだが、暗がりの中で遠方から花火を眺めるのであればおそらく同じような体験になるだろう。

ちなみに準備の風景を一部紹介するとこのようになっている。まずは気球自体を作りこんでいく。その下には火薬入りのハシゴが繋がっている。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_004

そして、気球が少しづつ空へと浮かんでいく。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_016

地上に目立つものはなかったが、実はかなり大掛かりな準備が行われ、その証拠が上空に存在していたのだ。

85singo_2015_SkyLadder_A4309_WYC_Process_019

花火作品の名前は「Sky Ladder(空のハシゴ)」。カラクリがわかってしまうと「なんだそんなことか」と思ってしまうような仕掛けではあるが、最初見た時のインパクトは相当なもの。一度は生で見てみたいものだ。知らずに見たらきっと誰もが「なんだあれ!」と驚くに違いない。

Reference:Trending in China
Licensed material used with permission by Cai Guo-Qiang

「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
12月14日〜25日、「HERMES(エルメス)」と「銀座ソニーパーク」は、クリスマスに彩られた銀座の街にプレイグラウンドをオープン。「銀座メゾンエルメス...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...