日本の「Hanabi」が世界を驚かせる。未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」5/27

日本の夏の風物詩、花火。

もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけど、本格的なものは「両国の花火」だと言われていて、その様子は歌川広重の『名所江戸の百景』にも残されている。

つまり、花火の歴史は江戸時代にまでさかのぼるのだ。僕たちが花火を愛してやまないのは、DNAに刷り込まれているからかも知れない。そんな日本が誇る最高エンターテインメントが、最先端テクノロジーによって進化した姿を現す。それがSTAR ISLANDだ。

花火大会×3Dサウンドで
覚醒する

総合プロデュースは「ULTRA JAPAN」などを手がけてきた小橋賢児。何でも、構想から3年ほどの月日を費やしたのだとか。

会場は、お台場。摩天楼を彷彿とさせるビル群をバックに鮮やかに打ち上がる花火…。それを想像するだけでもかなりヤバいことは間違いないのだが「STAR ISLAND」はそれにとどまらない。

何しろ、演出へのこだわりがハンパじゃない。

まずは、3Dサウンドシステム。会場には総数55個ものスピーカーが設置されるのだが、各スピーカーから別々に再生されるサウンドは、前後左右に動き、今までに体験したことのない新しい感覚が味わえるのだという。

さらにビーチでは、世界中で活躍するパフォーマーが様々な演舞を披露してくれたり、光を自在に操りながら独特な世界観を創り出すライティングのスペシャリストなど…様々なトップクリエイターたちが集結するようだ。

肝心の花火は、150年以上もの歴史を持つ老舗「丸玉屋小勝煙火店」が手がける。隅田川花火大会をはじめ、様々な実績を残してきた日本を代表する職人集団だ。

夜空に舞い上がる花火に、音楽とパフォーマンスと光がハイブリッドされたエンターテインメントショーには、とことん五感を刺激され、覚醒してしまいそうだ。

花火鑑賞のスタイルが変わる
歴史的な日

演出もさることながら、会場に設置された観客シートにも工夫がこらされている。

合計5つのエリアに分けられているのだが、鑑賞したいスタイルによって選べるような仕組みだ。例えば、リラックスして花火を楽しめるベッドエリアビッグクッションエリア、子どもたちと遊びながら楽しめるキッズエリア、シェフが提供する料理に舌鼓を打つディナーエリアなど。

恋人・友人・家族、どんな組み合わせでも盛り上がれる配慮がされているのは嬉しい限り。きっと、花火鑑賞の仕方も大きく変わるに違いない。

花火の英語は普通「Fireworks」だけど、このイベントをきっかけに「Hanabi」となるかもしれない。そんな歴史的瞬間に立ち会ってみるのはいかがだろうか? 

未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」
【開催日時】2017年5月27日(土)
【開催場所】お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)
【開催時間】開場/16:00 閉場/21:00 
 ※当日の演出によって時間が変動する場合があります
【公式URL】 http://www.star-island.jp/

Licensed material used with permission by STAR ISLAND, (Facebook), (Instagram), (Twitter)
「見にいくんじゃなくて、入り込む」「400年も変わってなかった花火をアップデートする」「お台場からの美しさ。日常にある奇跡に気づいて欲しい」「最後には、人...
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
数年前に転職してからずっと都内に住んでいる。地元の親友ミホとは「遊ぼう遊ぼう」といつも言ってはいたけれど、帰省するタイミングが合わなかったり、どこか中間地...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
東京の空を舞台にしたドローン500機のショー「CONTACT」と、クリエイティブディレクター小橋賢児のドキュメンタリー動画。
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
1989年にアムステルダムで誕生したデニムブランド「G-Star RAW」が、創設30周年アニバーサリーコレクションを発表した。
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...