アメニティが「LE LABO」。

 

って聞いて、「香港に行ったらこのホテルに泊まりたい!」と思いました。単純ですね。

LE LABOのショップは日本だと代官山の1店舗しかなくて、そこにはじめて行ったとき、スタッフの女性がこう教えてくれたんです。

広告は一切出していません。そこにお金を使うんじゃなくて、ほんとうにいいものを作って、ほんとうにいいと思った人に、口コミで広めていってもらいたいから。

すてきでしょ?

いちばん小さいサイズ(15ml)の香水が1万円くらい。ちょっと値は張るんだけど、実際、香りもすごくいいんです。上品にエッジがきいていて。えっとー、でも、香りをことばでちゃんと伝えるのはむずかしいので、ホテルの紹介をします。

そんなわけで、アメニティグッズがLE LABOのものっていうだけで、『TUVE HOTEL』に泊まりたいと思ったんですね。

ただ、内装もやっぱりLE LABOを扱うだけあるなあ、って感じ。ミニマルで、シンプルで、すっごく洗練された空間ではあるんだけど、だからといってクールすぎるわけでもない。不思議なバランスがとれた空間。泊まってみたい!

 

TUVE HOTEL

住所:16 Tsing Fung Street Tin Hau Hong Kong(MTR天后駅から徒歩5分)

1泊あたりの料金:2名21,095円~(2018年1月17日現在)

HP:http://www.tuve.hk/

 

Licensed material used with permission byTUVE HOTEL
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
いつもTABI LABOをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、みなさまにお知らせしたいことがあるんです。TABI LABOは、新たなイベントスペー...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
「TABI LABO GO」は、元寿司職人が作るフィッシュバーガー専門店「deli fu cious」、暗闇でエンジョイするNY生まれの最先端フィットネス...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
茶室がテーマの泊まれる部屋は全10室渋谷にあるホテル併設型アパレルショップhotel Koé tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7ht...