世界で1頭の「白いキリン」に「GPS」を搭載したワケとは?

ケニアの自然保護団体「The Hirola Conservation Foundation」が、世界に1頭のみとみられる白いキリンにGPS追跡機器を取り付けることに成功した。

なぜ野生のキリンにGPSを取り付けたか──。

それは密猟者から守るためで、職員はリアルタイムでこの白いキリンの動向を追跡できるように。

白いキリンは、メラニン色素が生成されない先天性白皮症(アルビノ)とは異なり、皮膚の細胞に色素がない希少な種

2016年にタンザニアで初めて確認され、2017年にケニアの保護区で撮影されて以来、世界中で話題となっていた。これまでに3頭が確認されていたが、うち生後7カ月の子どもとその母親の2頭は今年3月に密猟者に殺されてしまった

「アフリカ野生生物財団」によると、食肉や皮を目的とした密猟によって過去30年間で生息していたキリンの40%が殺されてしまったという。

絶滅危惧種にも指定されているキリン。テクノロジーを駆使することで、動物と人間が共存できる未来を描けるようになるのかもしれない。

白いキリン ケニア
© Ishaqibini Hirola Community Conservancy 2020
Top image: © Ishaqibini Hirola Community Conservancy 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
「カシオ計算機」がG-SHOCKの新製品「GBD-H1000」を4月24日に発売。心拍計とGPS機能を搭載した注目のニューモデル。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...