“世界最小マクドナルド”のオープンした理由が、ちょっと意外

消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れている様子。その取り組みについて紹介するのに必要不可欠となるのが「McHive」の存在。

5月下旬にオープンした“世界最小のマクドナルド”です。

規模の小ささと立地、さらにはミツバチの巣を意味するHiveが名前に入っていることから、すでに感づいている人も多いかもしれませんね。そう、養蜂箱のことなんです。

この「McHive」の製作背景にあるのは「スウェーデンのマクドナルドの先進性をお祝いするため」。

というのも、スウェーデンのいくつかの店舗ではハチの個体減少を食い止めるために、養蜂箱を屋上に設置したんだとか。それが、一時的な取り組みで終わることなく、今ではたくさんのフランチャイズ店が緑地化を進め、ハチの生活環境改善に協力。「McHive」はその象徴ってことなんですね。

マクドナルドのことだから、次はこの自然保護活動をマニュアル化するフェーズでしょうか?

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
イタリアのアルベルト・ボニソーリ文化財・文化活動相が、古代ローマ遺跡カラカラ浴場付近に出店が計画されていた「マクドナルド」の建設を禁止すると発表。
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
見れば、見るほど、いいんだよなあ。
ベルギーの「バーガーキング」がSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。写っているのは、店外に設置した広告により大手ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と...
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!