誰だって間違いを犯す。だから「許し」が必要なんだ

悪いことをしてしまったけど謝りづらい。

あの人がやったこと、悪気がないってわかっていても許せない。

そんな経験は誰にでもあるものではないでしょうか。

でも、やっぱり人間は誰でも間違いを犯すんだから、「許し」の習慣があったほうが良い。そんな内容の「The School of Life」の動画です。

法律で、すべての「罪」を
裁くことはできない

D3f2ef8a84cc3835aea24c9f32957f7a040d6f53

「贖罪」と言われると、普段は使わない言葉だし、少しギョッとしてしまうかもしれません。「贖罪」とは、自分の犯してしまった罪を改めること、キリスト教的なニュアンスでも使われることばです。

C876fae81c108e91aaa7867096f237c8bc97d47f

犯罪を犯してしまったときの罪の償い方といえば、罰金を払うことや、刑務所にいくことですが、それほど重くない間違いだったらどうでしょうか。

ミスをしてしまったとき、相手を不快にさせるようなことをしてしまったとき、不注意なことをしてしまったとき。

488fbbb10af3748c93adbedf30c37427a49e815b

全ての「罪」を法律で裁くのは非現実的ですが、だからと言って、間違いを犯した人を、何の指摘もせずにそのままにしておくのも何だか違う気がしますよね。

宗教の考え方を借りてみる?

4bd5130e70441b71a495f7b247ded8430cdee130

そこで宗教、とくにユダヤ教の考え方を借りながら「贖罪」について考えてみましょう。感じるのは簡単だけど、言葉にするのは難しく、そしてそれを償おうとすることはとても大切な、「痛み」。

8770127f091ad991883babdb01a5cbc219d68ad9

ユダヤ教には、ユダヤ暦が始まるティシュレー月の10日に、ヨム・キプルという「贖罪の日」が設けられています。

2a67007c4e52c9ec1a174fe9882e2a591545ec6e

この日は、すべての労働が禁じられ、自分の行動を振り返り、来るべき年に備えます。自分の犯した罪に向き合い、神に許しを請うのです。そして、神はその慈悲により、人々の罪を受け止め、許すことを認めています。

5b6b098069ce5c86702c325395187157d9d613a1

「神様」は完璧な存在だけど、人間である私たちは不完全な生き物。だから間違いも犯すし、誰だって謝らなければいけないことをしているはずです。

Bdf7455ef4cb235588c787354febbe2f08883de4

「贖罪の日」は、謝罪がされる人にとっても、する人にとってもメリットのある日です。

謝罪される側はしばしば心の置き方がわからなくなってしまうものですが、謝罪があれば自分の痛みに目を向けられていることを感じることができます。謝罪する側は、謝るまでは消えない、耐え難い罪悪感に向き合うことができます。

誰だって間違いを犯すから、
「許し」が必要なんだ

A9e42fab30e1fdb2e001a0a5fa67183a2b456cab

人間である以上、誰だって間違いを犯します。だからこそ、「みんな間違いを犯すんだ」と誰かに言ってもらえて、それを許してもらえるということは重要な意味を持つのです。

0541c40a3ede62597934041d3f1df9e31915f8cb

人間の罪を裁けるのは法律だけ。誰だって完璧で、その人が反省していたって罪は許してもらえない。そんな世界だったら、たくさんの人が一緒に暮らしてく社会で、よりよく関わりあっていくことはできないかもしれません。

0dd5f4b17e5906e0bbb927cc71f2e5f64b76661a

日常的に懺悔をして、自分の罪を告白する、そして自分の罪も相手の罪も許す。そんな習慣だって良いのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by The School of Life
誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカ...
懐が深い人がそばにいるだけで、自然と周りの人もやさしい気持ちになれるから不思議ですよね。そんなふうになりたいと思っている方に向けて、懐が深い人に共通してみ...
無条件に愛を信じることは、危険です。すべてがうまくいっているように感じる時に限って、最悪な出来事が起こります。そう、彼氏の浮気が発覚するのです。あなたはま...
好き同士で付き合い始めたはずだし、最近何か大きい問題があったわけでもないのに、どうしてカップルになるとこうもうまくいかないことが多いの!?遠距離で寂しいわ...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
たった10秒の間に、画像の中で起こった変化を見抜けますか?ここで紹介するのは、クリエイターに大人気のwebメディア「CREM」とTABI LABOが共同制...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
SNSのおかげで気軽に思い出を残せるようになりました。とは言いつつも、記憶の深度はだんだんと浅くなっているのかもしれません。だから、時代に逆行するアナログ...
自分にされたことがあまりに酷くて、相手の行いを許すのがとても難しいことがあります。でも、いつまでも対立状態にいるのも心が疲れてしまう。そんなとき、どのよう...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
せっかく前向きだったのに、周りからのちょっとした指摘に影響されてテンションが下がることってありますね。感情はあなたの気持ちを表すもの。周りの反応なんて、そ...
ないと不便だけど、置いてしまうと急に部屋が狭くなる、棚。じゃあ、必要なときに必要な分だけ使えたらいいんじゃない?
あれです、あれ、あれなんです。
日本と海外の「違い」って、こんなところにもあったんだ。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
最近、彼氏や旦那の様子がおかしい…。そんなときの女性の勘は、たいてい当たるものです。スマホをいじっている時間が長くなった。スマホを肌身離さず持ち歩いている...
「理由はわからない。けれど、何かがオカシイ!」。第六感が働いているかのようで、むちゃくちゃに聞こえるかもしれません。が、それは頭のなかで起きている複雑な計...
女子なら誰しも「クゥ~」と叫んでしまうこと間違いなしのイラストを描くのは、Sundae Kidsさん。乙女心をくすぐってしょうがない作品を厳選してご紹介します。
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...