気持ちいい一週間をスタートするため、日曜の夜にやっておきたい5つのこと

自分の仕事を振り返ってみて「最近なんだか、生産性が落ちている」。そんな気がしたら、日曜の夜の時間の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。ウィークデイの生産性を高めるには、ちょっとした準備が必要です。でも、そのちょっとの時間が大きな差を生み出すのです。

ライターのNicolas Cole氏が「Inc.」に寄稿した「月曜日からをもっと良い一週間にするためのヒント」を見てみましょう。

01.
先週のTo doリストを見て
「考える時間」をつくる

「To doリスト」は、流動的に動くもの。次にやるべきことを考えるためには、今のステータスをしっかり把握しなければいけません。リストを見直して、この項目はどうして終わっていないのか、と考えましょう。

そして、先週のTo doが終わっていなかったら、その項目は消すべきか、週明けのリストの一番上に書くかを決めましょう。

たとえ面倒でも、このように「考える時間」を取ることが、長期的に見ると時間の短縮につながります。

02.
やるべき事を
カテゴリーごとに整理する

「To doリスト」は、カテゴリーやプロジェクトごとに整理しておくのがオススメです。

いろんなカテゴリーのものが混ざっていると、やるのも億劫になってしまうぐらい大変に見えてしまいますが、カテゴリーに分けてみると取り組みやすくなります。ちょっとひと手間かけるだけで、効率が段違いに変わりますよ。

03.
前もってできることは
夜のうちに済ませておく

もし、朝になってからバタバタと出かける準備をしているならば、夜のうちに揃える方法に切り替えてみてはいかがでしょうか?ランチ用にお弁当を持って行っているなら、その準備を前もってやっておいても良いでしょう。事前に準備を済ませておくことで、次の日に考えることが少なくなり、自由に使える時間を増やすこともできます。

考えるべきことを減らしておけば、次の日の効率も変わってきます。忙しくなりがちな月曜日のために、早めにやれることはやってしまいましょう。

04.
アウトプットより
インプットを重視する

日曜日はアウトプットではなく、インプットの日にしましょう。職場でも学校でも、週の頭はやることが多く「アウトプットモード」を求められるもの。

だからこそ、日曜日は「インプットモード」に徹したほうがいいのです。インプットがたくさんあったほうが、アウトプットにも良い影響を与えてくれますよ。

05.
自分だけの
静かな時間を楽しむ

そして一番大事なのは、日曜の夜には本当に自分のためだけの時間をつくること。

ただ静かに、リラックスして、一週間を振り返る時間をとりましょう。瞑想や読書をして、お茶を飲みながらただ座っているのも良いかもしれません。忙しすぎる現代社会のなかで、「静かなひと時」というのは、とても貴重です。

ぜひ、自分だけの時間をつくる習慣を。15分ゆったり座っているだけでも、とってもリフレッシュできて、新しい週に向かう活力が湧いてくるはずですよ。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole

関連する記事

入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
日曜の夜になると、「明日からまた仕事か……。」と心の中で呟き、憂鬱な気持ちに。そんな月曜日をポジティブに乗り越えるべく、5つのアドバイスをご紹介。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
「日曜日」。なんて素敵な響きでしょうか。土日が休みの人にとっては、特別な日ですよね。遊びに行きたい、たくさん寝たい、など理想の過ごし方は人それぞれですが、...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
私がセルフケアという言葉を知ったのは、ニューヨークで働いていた4年前のこと。ロウアー・マンハッタンにある『Refinery29』というデジタルメディアで、...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
オランダの「National Week Without Meat」に合わせ、「KFC」が期間限定ながら世界唯一の完全ベジタリアン仕様の店舗にすると発表。
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
仕事を進める上で、チームの緊密さはとっても重要。これまでもさまざまなサービスやアプリが従業員同士のコミュニケーションをサポートしてきましたが、ここに来て「...
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...