恋愛こじらせ女子のための史上最強LINE術

友達や家族とのプライベートなやりとりだけではなく、いつの間にか仕事でもコミュニケーションツールとして当たり前になりつつあるLINE。

でも正直にいうと、私はLINE、ちょっと苦手です…。とくにそれが恋愛の場面だと本当に苦手!まず文字とスタンプ、どちらを使っていいかがわからない。短文で何度もやりとりするのも億劫だし、かと言って長文打っても、返事が「了解」とか「OK」だけだと、なんとかなく、「そうですか~。それだけですか~」みたいな気持ちになるのです。

でもちょっと待って!もしかして私、LINEが使いこなせていないだけなのでは⁉︎そんな疑問を1万人の女性を救ってきた恋愛コンサルタントにぶつけてみました。

01
返信は”既読スルー”して1時間後に

LINEがきたら、その0.1秒後には返信してますけど、何か?だってせっかく連絡がきたんだから、返信するのは義務でしょう?

いえいえ、なんと返信はすぐにしてはいけないらしいのです。というのも、すぐに返信すると、感情が表に出てしまい、いいことがないんだとか。そういう時はたいてい伝えなくてもいい余計なことなど返信してしまいがち。

02
句読点は必要なし!長文も読まれません!

句読点が必要ない文章なんて、意味がわからないですよね。そう、その時点で、私たち、ちょっとLINEとうまく向き合えていないのかも。

LINEに正しい文章は必要ないそうです。句読点は“なし”で絵文字、顔文字を文末に入れるのがポイントだとか。でも注意!絵文字や顔文字も盛り過ぎてはいけません…って、そのさじ加減が難しすぎる!

さらには長文にいたっては“読まれない”と。

03
アイコンは自分の顔写真にする

LINEのアイコンがペットや花の画像…なんて女性は、その時点で恋愛の舞台に立っていない!と怒られてしまいました。

というのも、アイコンのように常に表示されることで自分の写真に慣れるというのが大事らしい。

04
“?”は使っちゃダメ

狙っている相手には、“?”を使ってはいけないのです。要するに、質問をしてはいけないってこと。

今週末はなにをしてるんですか?
好きなお酒ってありますか?
私のことどう思ってますか?

などなど…聞きたいことはやまほどあるのに!しかし男性って、追いかけたい生き物だから、女性をハンティングしたいもの。“?”を使われると、「オレのこと好きなんだなあ~」と興味をなくしてしまうんですって。

もう、まさに目からウロコ!


LINEの仕方なんて、今さら人に聞けませんよね。だからこそ、こっそり勉強して、私、恋愛こじらせ女子を卒業したいと思います!

 

《LINE下手を卒業したい人はこの本をチェック》

女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
最近よく耳にする「リケ女」と呼ばれる理系女子。ここでは、そんな彼女たちの恋愛傾向を紹介します。当然のことながら、これらはすべての「リケ女」に当てはまるわけ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
何をやっても他の女子よりうまくできないと感じる、女子力がない、「どうせ私なんか」とつい思ってしまうという「こじらせ女子」。そんなこじらせ女子にはどのような...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
好きな人から、LINEを無視された場合は悲しくなりますよね?既読無視の場合には、尚更嫌われているのかと気になってしまいます。また、未読無視の場合には、何か...
「いい男がいない」「私なんて」と、すっかり恋愛のスタートラインから遠のいてしまった女性たち。「まずは土俵に上がらなければ、なにも始まらない」とわかっていて...
周囲から見れば、どう考えてもこじらせてしまっている言動。でも当の本人は気づいていないケースもあったり。もしあなたが「なかなか恋愛が上手くいかない」と悩むタ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
モテる男性は、女性のとる行動にとても敏感です。女性の何気ない行動が、気になる男性への態度なのかどうかをきっちりと見極めることが、恋愛テクニックを磨く秘訣で...
恋をしたいと思った時や好きな人との距離を縮めたい時、でも男性との距離の縮め方が分からない…。最近は、そういった悩みを持つ人が増えているそうです。男性との距...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
“恋愛エキスパート”としてアメリカでは名の通ったJeffrey Bernstein博士のアドバイスを交えたこの記事は、「Elite Daily」ライターC...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。でも...
相手の気持ちが見えなくなって、「男心がわからない」と思ったことはありませんか? そんな女性に贈りたいのが、「男心がわからない」と思った女性に知ってほしい8...
「こじらせて」いきましょう。「こじれない」程度に。