愛をたしかめる究極の行為について。

 

最近好きな人ができたという大学生の妹と、わたしの家の近くの、小さなごはん屋さんのカウンター席で飲んでいたときのこと。

「○○くん、わたしのことどう思ってると思う?ねえ、お姉ちゃん!」と、わたしも(きっと、誰もが)好きな人ができてまもない頃に、第三者にしがちな質問を投げかけられたものの、返事にこまり、無言になっていたら。

それまでキッチンの掃除をしていた女性オーナー(推定40歳)が、とつぜんわたしたちの前にきて、こんなことを言ったんです。

はっきりしない関係を、
はっきりさせたいのなら。

 

わたし、あなたたちがいま話しているような恋愛相談に乗ることが多いんだけど。答えはいつも決まっていてね。「とりあえず1回セックスしてから考えなよ」って言っているの。

やっぱり、愛を確かめる究極の行為はセックスだと思っているので。その人に愛をもって接しているかどうかが、はっきりとあらわれるというか。そこに凝縮されてるのよね。たとえば、ひとりよがりで自分が気持ちよくなることだけ考えている人は、あなたのことを特別たいせつには思っていないってこと。一方で、あなたの気持ちも大事にしながらセックスを進めてくれる人は、あなたと「付き合いたい」とか「ちゃんと向き合いたい」って思っているんだと思うの。

感じる、感じない、どうこうじゃなくて、セックスには、相手に愛があるかないかがとても顕著にあらわれると思っていて。だから、1回やってみて「なんかすごくいい!」って思ったんだとしたら、きっとその恋はうまく行くはず。

「実践してみたら、わかった!」って報告を受けたこともあるので、そんなに間違ったことは言ってないと思うわ。

 

いや、たしかに。真理だな……と、思いました。

 

「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
だから嬉しい!だから苦しい!
今付き合っている彼とは本当に愛し合っている?自分の中で確信を持てなくても大丈夫。恋愛と愛の違いを見分けられる3つのモノサシを紹介します。今後付き合いを進め...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...