脳性まひの少年がトライアスロンを完走!「立ち上がることしか、考えてなかったよ」

わずか8歳にして難易度の高いトライアスロンに参加し、見事完走したBailey Matthewsくんの動画が話題を呼んでいます。彼は脳性まひというハンディキャップを抱えながらも過酷なレースへと挑みました。

言わずもがなハードなレースとして知られているトライアスロンは、マラソン・水泳・ロードレース、3つのスポーツが一体となっており、総合的な身体能力とスタミナを問われるもの。

大勢の観衆に見守られる中、彼は最後の20mを補助輪を手放して走ります。何度かつまづきながらもゴールを果たすその姿には、きっと胸が熱くなるはず。必見です。

動画はイギリス・ノースヨークシャーで行われたトライアスロン大会「Castle Howard Triathlon」の様子を捉えたもの。彼は100メートルの競泳と、4キロメートルのロードレース、1.3キロメートルのマラソンのレースを完走しました。

85singo_2AE78ECA00000578-0-image-a-37_1438454393402

85singo_2AE78EBD00000578-0-image-m-56_1438454733299

同レースは、ラフなコースでも知られており、難易度が高いことでも有名。波も大きく走る路面も平らではないため、障がいがなかったとしても完走するのは簡単ではないと言われています。

デイリー・メール」紙によれば、未熟児として生まれた彼でしたが、生後18ヶ月経つまで脳性まひと診断されずに育ったそう。

どんなことにも全力で取り組む彼の姿勢について、両親からのコメントが掲載されています。

85singo_2AE78D6100000578-0-image-a-39_1438454561558

Julieさん(母親)「いろいろなことが難しく感じるはずですが、本人は気にかけてもいないみたいです。意思がとても固い子で、一度決めたらどんなに難しくてやりにくいことでも、なんとかしてやり方を見つけ出すんです」

 85singo_2AE78D7300000578-0-image-m-66_1438454914673

Jonathanさん(父親)「この子は泳ぎの練習をしている時も、自分のゴールを設定して“今日は**メートル泳ぐんだ”なんてことを言うんです。いつも外に出たがっているから、それがどうやったら簡単にできるようになるのか、考えてあげるのが僕たちの役目です」

元々このトライアスロンに参加していた父親を見たことで興味をもったというBaileyくん。それから補助輪や特別な自転車を用意し、湖で泳ぎの練習も始めました。

両親の間ではいつも気をつけていることがあるそうです。それは、まず彼が何をしたいのかを理解してあげること。そして、それができないということを教えるのではなく、どうしたらできるのかを一緒に考えてあげること。

彼が水泳のコースにはいった時、父親のJonathanさんは周囲の大人たちから「なんで泳げない子を参加させたんだ!」と叱責を受けたそう。
しかし、力強く泳ぐ彼の姿を見れば一目瞭然。多くの人が「すまなかった、知らなかったんだ」と彼に謝ったそうです。

85singo_2AE7875E00000578-0-image-a-46_1438454615397

Baileyくんがゴールに辿り着く時には、大勢の人が集まっていました。両親もこんなに多くの人に見守られることになるとは思っていなかったそうです。

85singo_2B045BBB00000578-0-image-a-71_1438457014861

記録は1時間27分。他の子どもたちとの違いを気にしていた彼が、みんなと同じようにゴールしたいとの気持ちから補助輪を手放す姿が印象的です。

ちなみにインタビューできかれた「ゴール寸前で何度か躓いた時にもう立ち上がれないとは思わなかったの?」との質問に、彼はこう答えています。

「また立ち上がって、もう一度スタートする。それしか考えてなかったよ」

本人からしてみれば、病気なんかよりも補助輪をつけることのほうがよっぽど足かせに感じていたのかもしれませんね。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by  PeachySnaps ltd

久々に胸が熱くなった。街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。9月18日、メキシコのコスメルで開催された「...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
めまぐるしいインターネットの普及やオリンピック種目になるのではないかという話題から、熱い注目を浴びるようになった「eスポーツ」スポーツとして本格的にプレー...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
彼のガッツに、世界中が注目した。そして勇気をもらった。これはガンを患った少年Zach Zeilerがそれを乗り越えて、ボディビルダーになった物語だ。ぜひ、...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
スポーツメーカーから続々と発売された話題の「マスク」「フェイスカバー」をまとめて紹介します。アンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス、ニューバランス、アディダ...
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。ホットヨガスタジオLAVA、B-life、Wellness To Go by ArisaのYo...
YouTubeのトレーニング動画を共有して友だちと一緒にトレーニングできるサービス「co-train.space」が話題。
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...