田舎町からイギリス全土に広がったフードプロジェクト「Incredible Edible」

「Incredible Edible」は、イギリスの田舎町トッドモーデンからスタートしたフードプロジェクト。

このプロジェクトの目的は、地域住民のコミュニケーションを活発化。参加者は町の空き地を使って野菜などを栽培。それを一緒に味わって親交を深めます。

シンプルな取り組みにも思えますが、その効果は絶大。町ぐるみでおこなう他のイベントまでも増えたっていうから驚きです。

高齢化が進んだトッドモーデンを盛り上げるのが、もともとの「Incredible Edible」の狙い。それが町を飛び越えて、いまではイギリス全土にまで広がっているそうです。小さな取り組みが大きなムーブメントになった好例ですね。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。