【ナスカ】ペルーの都市、リマからナスカの地上絵へ。広大な土地を駆ける、美しきバスの旅

001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ→ナスカ004 日付:2012.02.02

「このバスの車内はまるで、自宅のリビングのように快適!」

About the City; 

ナスカ:リマから444㎞先の砂漠地帯。豊富な地下水に育まれた、緑豊かなオアシスとしてナスカの町は広がる。ナスカというと地上絵しか思いつかないが、それを描けるだけの高度な文明が存在していた。人口はわずか3万人と町自体は小さい。どこか懐かしい素朴さは、人々の心を癒すだろう。

bus.01

bus.05

lima.03

ナスカ平原は年間雨量がわずか数十ミリという、雨のほとんど降らない超乾燥状態が1万年以上にわたってつづいてきたために、地上絵が存続して来た。

だが、近年の道路開発や車の普及、更には無断居住者が飼育する家畜の豚の影響で、地上絵が少しずつ荒らされている現状がある。ペルーには「貧しい者、土地を持たない者」を保護する法律があり、これが無断居住者を立ち退かせる障害になっているという。

 

 

Comment:リマからナスカへ、快適バスに乗って旅をする。観光大国ペルーだけあり、バスもハンパじゃない。南米は中米よりもやっぱり大きくて、一回一回の移動がとても長い。そんなとき快適に過ごせるバスとキレイに舗装された道路は、僕たちにとってすごくありがたい存在だ。セキュリティもバッチリ。車内でwifi使えるし、住めるんじゃないかと思うほど。ちなみにお値段1800円ぐらい。

 

tabisuzu_btn02

世 界 と つ な が る、M O V E す る  -  T A B I L A B O

 

001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...