お酒をやめて得るものは、意外に多かった。

週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。

それは、ライターのLauren Kroetschさんがまとめた「お酒を卒業した結果起きた7つのこと」という内容。最初は何か物足りなくて心寂しくなることもあるそうですが、意外に得るものも大きい!?

01.
社交的な人生にサヨナラ
家でまったりも楽しい

6ff355df72255e84d5f4536e0da662dea3628352

お酒が当たり前の生活をしていたときは、友だちと街へ出かけては、2度と会うこともない人たちと、自分の名前を忘れるまで酔っ払う始末。

そんな日々と比べれば、お酒を飲まなくなった今の人生はワイルドさに欠けるかも…。でも、家でNetflixを観ながら野菜チップスをほおばるのも、意外に悪くない。

02.
本当の友だちだけが
残る

会話もロクにできない暗くてうるさいクラブより、ディナーやライブに出かけたり、犬の散歩をしたり、映画鑑賞をするほうが、よっぽど深い友情関係が築けます。

夜遊びを卒業しても一緒に遊んでくれる人が「本当の友だち」だということに気づくはず。

03.
話についていけないけど
そこまで問題じゃない

飲み友だちだった彼女たちが酔ったときのハプニング話で盛り上がっていても、まったくついていけない。

だって、トークに出てくるようなイケメンも、変なタクシードライバーにも出会えてないんだから。明け方にシェイクを飲んだり、はいつくばって帰宅した、なんて、そんな話も初めて聞いた。それはそれで、ちょっと寂しいかもしれない。

でも、次第に「ま、いいか」と思えるのが人生よ。

04.
財布の中の「お金」が
減っていかない

F9dc10d01be5b50fc5f30d6e82437adf08f45882

飲み代は、どうしても高くつくもの。一週間に数回飲みに出かけてしまえば、お財布もあっという間に寂しくなります。

でも、お酒を人生から抜いてしまえば、単純にその分のお金は貯まる一方。「本当にほしいもの」にだって手が届くようになるかも。

05.
いつの間にか
サイズダウン!

毎週末のように飲み会に行き、締めのカロリー高めなゴハンまで。そんな生活をしていたら、体重が増えるのは当然。

でもお酒を卒業したら、飲んだ翌朝にジャンクフードが食べたくなることもなくなったし、いつの間にか体重が減ってることも。

浮いた飲み代は、スリムになった自分へのごほうびとして、洋服を買ってもいいしね。

06.
休みの一日を
有効活用できる

28d299c6424e72da985f07016894e518012a5ceb

朝まで飲んでしまうと、どうしても次の日は二日酔い。しかも、目が覚めたら頭はガンガン、口臭はウォッカくさい…。

朝まで酔っ払いさえしなければ、陽が昇る頃には起床して、早めに行動することもできます。トイレにこもって、吐き気がおさまるのを待つ日々ともサヨナラしましょう。

07.
みっともない行動も
しなくなる

お酒が入るとコントロールが効かなくなって騒いだり、勢いで職場の人に電話をかけてしまったり、公共のゴミ箱に吐いたり、とだいたいにして恥ずかしい事件ばかり。翌朝にすっかり忘れていても、他の人から指摘されて赤面…なんてことも。

でもお酒から離れると、大事なことでもしっかり記憶に残っているし、そもそもそんな失敗を起こしません。記憶をなくすまで飲むのはもうやめて、人生の思い出をしっかり心に刻んでみては?

Licensed material used with permission by Elite Daily
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
普段はこんなじゃないのに、お酒が入った瞬間に人格が一変。よく笑い、よく泣き、怒りっぽくなったり、悪口を言いだしたり…。なかには「お酒を飲むと性格変わるんだ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
酔うと人格が変わるのは嘘だった?という研究結果を以前も紹介したことがあるけれど、実際にお酒を飲ませてみると、普段どれだけ猫を被っているのかを明らかにしたの...
沖縄県、那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、75...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...