お酒をやめて得るものは、意外に多かった。

週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。

それは、ライターのLauren Kroetschさんがまとめた「お酒を卒業した結果起きた7つのこと」という内容。最初は何か物足りなくて心寂しくなることもあるそうですが、意外に得るものも大きい!?

01.
社交的な人生にサヨナラ
家でまったりも楽しい

お酒が当たり前の生活をしていたときは、友だちと街へ出かけては、2度と会うこともない人たちと、自分の名前を忘れるまで酔っ払う始末。

そんな日々と比べれば、お酒を飲まなくなった今の人生はワイルドさに欠けるかも…。でも、家でNetflixを観ながら野菜チップスをほおばるのも、意外に悪くない。

02.
本当の友だちだけが
残る

会話もロクにできない暗くてうるさいクラブより、ディナーやライブに出かけたり、犬の散歩をしたり、映画鑑賞をするほうが、よっぽど深い友情関係が築けます。

夜遊びを卒業しても一緒に遊んでくれる人が「本当の友だち」だということに気づくはず。

03.
話についていけないけど
そこまで問題じゃない

飲み友だちだった彼女たちが酔ったときのハプニング話で盛り上がっていても、まったくついていけない。

だって、トークに出てくるようなイケメンも、変なタクシードライバーにも出会えてないんだから。明け方にシェイクを飲んだり、はいつくばって帰宅した、なんて、そんな話も初めて聞いた。それはそれで、ちょっと寂しいかもしれない。

でも、次第に「ま、いいか」と思えるのが人生よ。

04.
財布の中の「お金」が
減っていかない

飲み代は、どうしても高くつくもの。一週間に数回飲みに出かけてしまえば、お財布もあっという間に寂しくなります。

でも、お酒を人生から抜いてしまえば、単純にその分のお金は貯まる一方。「本当にほしいもの」にだって手が届くようになるかも。

05.
いつの間にか
サイズダウン!

毎週末のように飲み会に行き、締めのカロリー高めなゴハンまで。そんな生活をしていたら、体重が増えるのは当然。

でもお酒を卒業したら、飲んだ翌朝にジャンクフードが食べたくなることもなくなったし、いつの間にか体重が減ってることも。

浮いた飲み代は、スリムになった自分へのごほうびとして、洋服を買ってもいいしね。

06.
休みの一日を
有効活用できる

朝まで飲んでしまうと、どうしても次の日は二日酔い。しかも、目が覚めたら頭はガンガン、口臭はウォッカくさい…。

朝まで酔っ払いさえしなければ、陽が昇る頃には起床して、早めに行動することもできます。トイレにこもって、吐き気がおさまるのを待つ日々ともサヨナラしましょう。

07.
みっともない行動も
しなくなる

お酒が入るとコントロールが効かなくなって騒いだり、勢いで職場の人に電話をかけてしまったり、公共のゴミ箱に吐いたり、とだいたいにして恥ずかしい事件ばかり。翌朝にすっかり忘れていても、他の人から指摘されて赤面…なんてことも。

でもお酒から離れると、大事なことでもしっかり記憶に残っているし、そもそもそんな失敗を起こしません。記憶をなくすまで飲むのはもうやめて、人生の思い出をしっかり心に刻んでみては?

Licensed material used with permission by Elite Daily
他の記事を見る
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...