心の声を無視してしまう。あなたを縛る「悪いクセ」。

人生のあらゆるシーンで、心にある本音を抑えてでも場を乗り切らなくてはいけないことは多々あります。生きるって大変。でも、「自分のやりたいこと」を考えるクセが失われるのはとても残念なこと。

コーチング(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)で、多くのビジネスパーソンを救ってきた和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディア・パブリッシング)では、自分の心の声と向き合うことの重要性について語られています。

「やりたいこと」が見つかっていない人や「この仕事は自分がやるべきなのか」など、自分の本当の気持ちをうまく表現できない人は必見です。

世間の“呪縛”が
心の声を消していく

大人になるほど自分に関わる人がどんどん増えていきます。親、学校、会社、世間……。そうした人たちとの関わりで「こうあってほしい」、「こうあるべき」という「他者の望むこと」を人間は学習します。

そして他者を基準とした、いわゆる「他人軸(他人の評価を気にしてしまうこと)」が刷り込まれていくのです。他者や社会が求める通りに振る舞えると、他者に選ばれるようになり、自己肯定感は満たされるし、何より摩擦を減らして生きられます。一方で、あなたの心も成長し、「やりたいこと・やりたくないこと」、「好き・嫌い」も増えていくでしょう。けれど、他人軸が強くなると、他人の望みを自分のものと勘違いするようになり、やがてそれはあなたを縛る「クセ」になります

知らない間に身についているネガティブなクセですから、呪いのようですね。私(著者)が学生時代に「東大へ行きたい」と思ったのがその最たる例。両親も先生も「東大は良いよ」と折に触れて言っていましたから、自分で考えるまでもなく刷り込まれていたのです。

感情を「コントロールする」のと
感情を「抑える」ことは違う

大人になると心の声を無視することが多くなります。

「本当はやりたいことがあるんだけど、この年でそんなことを考えるべきではない」……と、自分の「やりたいこと」を封じ込めたり、「感情をコントロールしたい」……と「怒り」や「悲しみ」など、「ネガティブな感情を抑えるのは良いこと」という刷り込みがあるばかりに、本当は怒っていても感情を抑えようとする人がいます。

はっきりいって「怒っているのを相手に見せないようにする」と「怒りを感じないようにする」は別物。前者は怒りを感じたうえで相手にぶつけないもの。後者は、そもそも怒りを感じるのを自分に禁じることです。

この違いを明確に分かっていなければ、息苦しい生活を過ごすことになってしまいます。まずは、心の声に耳を傾けることから始めてください。

心と頭が一致すると、
ひらめきが生まれる

「自分のここが悪い」、「あの人のあそこが悪い」と原因が分かってもどこかスッキリしない……。そんなモヤモヤは、心と頭が一致していないサインです。他人軸思考では腹落ちせず、一生解決されません。

自分軸(自分が何をしたいのか素直になること)は、いわば心のスイッチ。心と頭が一致すると、心のエネルギーが電流のように頭に流れて自分を幸せに導く策をひらめきます。心の声に耳を傾けるクセをつけると、自分が感じていることが分かるようになるのです。

本当は自分がどうしたいのか? そのためにどんなことができるのか?

「ムリ!」と考えるのではなく、「やってみよう」と考えるクセをつけるトレーニングをすれば、うまくいく確率が上がります。ぜひ、試してみてください。

とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)として活躍中の和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディアパ...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。男性が女性にやきもちをやく原因は、何なのでしょう。行動や言葉じゃ分かりづらいですが、その時の男性...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
男女の関係、依存症、孤独感。人間だからこそ、様々な悩みがある。アーティストのBrooke DiDonatoは、誰もがもつ「心のゆがみ」と、人間の複雑さを写...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
「頑固な人=付き合いにくい」という悪いイメージがありますが、一概にそうとは言えません。時に長所にもなり、職人や料理人など良い意味で頑固な人もいます。大切な...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
「これでいい」。そう自分に言い聞かせながらやっている事でも、本当は「何かが違う」と感じていて、でもその「声」に従って今の生活に変化を起こすほどの勇気はなく...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...