自身の「心の声」に耳を傾ける方法10通り

「あなたが本当に好きなことは何ですか?」 初対面などでよく聞かれるこの質問に自信を持って回答できる人って、意外と少ないのでは?

その答えが分からないのなら、ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にまとめた内容をチェックしてみるといいかもしれません。もしかすると、今まで気付かなかった、秘めたる情熱や才能が花開くかも!?

01.
何に興味を持っているかを
理解しよう!

findingyourcalling_850px_5-600x600

たとえば、SF映画が好きな自分に気づいていますか?もしくは、名残惜しそうにヨガのパンフレットを眺めている自分をどう思いますか?会議中にふと、落書きしたりしていませんか?

行動が何であれ、それらがあなたが自然に感じている「関心事」なのです。なので、それを少し深く掘り下げましょう。SF映画をチェックしたり、ヨガのクラスを受講したり、その落書きを最後まで完成させましょう。

02.
過去を振り返ってみよう

findingyourcalling_850px_10-600x600

幼い頃、何に対して楽しみを感じていましたか?どんな未来を夢見て生きてきましたか?何があなたの好奇心を満たしたのでしょうか?

できる限り多くの事を思い出してみてください。おそらく、いくつかのことには満足しているかもしれませんが、忘れ去られているものもあるはず。まだ興味を持っているものは何か、できるだけ多く書き出してみてください。

03.
未来については
まったく気にしない

findingyourcalling_850px_9-600x600

満たされるため、または幸せになるために、それらをどのように手に入れるかを心配しても、何もいいことはありません。まず、「現在」に焦点を当てましょう。今やろうとしていることにフォーカスし、好きなものを探求するのです。

自分自身にあまりにも多くのプレッシャーをかけると、あなたは何も好きにはなれません。

04.
新しいことを始める時
どう感じる?

findingyourcalling_850px_8-600x600

何か新しいことを始める。そのような時、あなたはどのように感じますか?

もし興味を感じず、雑用のように感じているなら、それはあなたが探していたものではありません。それはそれでいいのです。全てがあなたに適しているわけではないのですから。

05.
「継続していること」を
認識する

findingyourcalling_850px_7-600x600

もしあなたが、何か定期的にやり続けていることがあるのなら、それはあなたにとって有意義なものだということです。

06.
いつものルーティーンを
変えてみる

findingyourcalling_850px_4-600x600

ルーティーンにとらわれてしまうと、クリエイティビティーを台無しにしてしまいます。なぜならあなたは、機械のように行動してしまうから。

環境を変化させることで、あなたはきっと自分自身がこれまでとは違う思考になることに気が付くはずです。異なる環境の中で、今までは起こらなかった自分自身の変化を感じるかもしれません。

07.
なんでも新しいことに挑戦!

findingyourcalling_850px_3-600x600

いろいろなことに挑戦してみなければ、好きなものと嫌いなものを知ることはできません。何かに興味があるのなら、実際にトライしてみましょう。うまくいかない場合、自分がそれに合わないことがわかるはずです。

08.
まずは「イエス」と
言ってみよう

findingyourcalling_850px_2-600x600

新たな機会を敬遠するのは簡単。でも、そうしていては、あなたは永遠にそこに何があるかを知ることはできないのです。もし好きになれない場合でも、少なくとも話のネタにはなるでしょう?

09.
他人の夢を追わないで

findingyourcalling_850px_6-600x600

もしかしたらあなたの両親は、あなたに彼らの足跡をたどってほしかったかもしれません。もしかしたらあなたの親友は、小学5年生の時のモノマネが、あなたの歌手としての将来の兆候だったと思うかもしれません。でも、これらの目標があなたの興味を引かない場合には、決して無理をしないでください。

人生はあなたのものです。他の誰のものでもありません。

10.
自身の興味を
ゆっくりと見つけよう

findingyourcalling_850px_1-600x600

情熱を見つけ出すことはそう簡単ではありません。自分に合ったものを見つけるためには、多くの時間と反省、そして試行錯誤が必要です。あなたが何で満たされ、幸せになれるかを知るために、時間を費やしましょう。

Licensed material used with permission by LittleThings

これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
コーチング(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)で、多くのビジネスパーソンを救ってきた和気香子さんの著書『人間関係の整理術』では、...
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
心が満たされない…とお悩みのアナタ。頑張り過ぎたり、自分に厳しくする必要はありません。ちょっと視点を変えてみるだけで、幸せは増えていくのです。自著『幸せな...
他人との約束が重要なのは、誰でも理解していること。でも、自分自身との約束はどうかというと…多くの人にとって盲点ではないでしょうか。「Power of Po...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
「これでいい」。そう自分に言い聞かせながらやっている事でも、本当は「何かが違う」と感じていて、でもその「声」に従って今の生活に変化を起こすほどの勇気はなく...
自分のしたいことと、他人の幸せを秤にかけたら。あなたの振り子はどちらかに傾くでしょう?ところが「Tiny Buddha」のこの記事は、そのどちらも両立でき...
女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」が、オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリ...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
001.フライフィッシング―僕のライフスタイルをデザインする上で欠かせないものニュージーランドの湖でフライフィッシングをする四角さん(Photo / Sh...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...